Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

将棋「藤井時代」到来に待ったをかける”中年棋士”4人の死闘

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NEWS ポストセブン

 高校生二冠・藤井聡太王位・棋聖の大活躍で盛り上がる将棋界。気の早い向きは「年度内三冠達成」「全冠制覇はいつか」と囃し立てているが、「藤井時代到来」に待ったをかけようとしているのが、40代以降のベテラン強豪棋士たちだ。そんな将棋界を取り巻く状況をジャーナリストの山田稔氏がレポートする。 【写真】将棋界のレジェンド、羽生善治九段

 * * *  まずは現在の将棋界の勢力図をおさらいしよう。タイトル保持者は10代から30代の4人だ。 ・渡辺明 三冠(36)/名人・棋王・王将 ・永瀬拓矢二冠(27)/叡王・王座 ・藤井聡太二冠(18)/王位・棋聖 ・豊島将之竜王(30)/竜王  今後のスケジュールで、注目されているのが、藤井二冠が登場する第70期王将戦の挑戦者決定リーグ戦だ。  9月から始まるリーグ戦の出場者は7人。シードの4人=前期挑戦者の広瀬章人八段(33)、同2位の豊島竜王、同3位の羽生善治九段(49)、同3位の藤井二冠。そして予選トーナメントを勝ち上がった永瀬二冠、木村一基九段(47)、佐藤天彦九段(32)。10代、20代は藤井、永瀬両二冠のみである。そして40代のベテラン2人が名を連ねている。すべてが現タイトル保持者、タイトル経験者で占められている超豪華な顔ぶれである。  将棋界で最も過酷な「死のリーグ」とも言われる、この7人総当たりのリーグ(全21局)を制した棋士が、来年1月から王将の渡辺三冠に挑むことになる。その開幕局(9月22日)は、いきなり藤井二冠vs羽生九段のドリーム対局となった。これは見逃せない。  7人による激闘を制して藤井二冠が挑戦者になれるかどうか、三冠に手が届くかどうかに関心が集まっている。

死闘を繰り広げる40代のベテラン勢

 もう一つの注目は、将棋界最高のタイトル竜王に挑む戦い。竜王戦の挑戦者決定三番勝負である。決勝トーナメントを勝ち抜いた羽生善治九段(49)と丸山忠久九段(49)の名人経験者同士によるベテラン対決が実現した。  8月17日の第1局は丸山九段が勝ち、羽生九段は後がなくなった。8月25日に行われた第2局は羽生九段が勝ち、100期目のタイトル挑戦に向けて踏みとどまった。第3局は9月19日に行われる。  羽生九段は、いまさら紹介するまでもないが、七冠に輝いた将棋界のレジェンドで通算タイトル数は99。永世称号を七つ獲得した史上最強と呼ばれる史上初の「永世七冠」で国民栄誉賞も受賞している。  その生涯年収もスゴイ。公式に確認できる日本将棋連盟の「獲得賞金・対局料ランキング」(1993年~2019年)のトータル額だけで約28億円となっている。このほか、『決断力』(角川書店)、『大局観』(角川書店)、『人工知能の核心』(NHK出版)など著作は200以上もあり、その印税収入もかなりの額になる。  さらにCMにも数本出演したことがあり、生涯収入の総額は30億円を超え、間違いなく将棋界の最高収入プレーヤーと見られている。丸山九段との挑戦者決定三番勝負に勝ち、豊島竜王との七番勝負に勝てば、史上初の100期目のタイトル獲得となる。

【関連記事】