Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

平日コンペがなくなるゴルフ場。求められる法人から個人への大胆なシフトチェンジ。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VICTORY

■ゴルフを取り巻く時代の流れ

日本には接待ゴルフという言葉があるように、ゴルフはかつて会社や仕事と密接に関係するような形で発展を遂げてきた。高度経済成長期から1990年代半ばごろまで、ゴルフは仕事の取引先と親交を深めるために必要なビジネスツールの一つであり、そのためにはまず社内コンペでルールとマナーを覚え、取引先に迷惑をかけない程度に腕を磨いてから接待ゴルフにデビューさせるという文化があった。多くの企業で閑散期の平日に社内コンペが行われており、団塊の世代などは半強制的に参加させられた経験があるはずだ。 ただし、誰かが順序立ててゴルフを教えてくれるわけではなく、「ボールを打ったらクラブを3本持って走れ」という昭和の体育会気質の教えだったため、社内コンペのときしかクラブを握らない人も多かった。やがて日本経済はバブル崩壊後に不景気が深刻化し、企業の社内コンペはどんどん減っていった。 ところが、2000年代に入るとゴルフ場が次々と経営破綻し、ゴルフ場業界の再編が始まったことでプレー料金が一気に安くなった。メンバーコースが破綻したゴルファーは会員権が紙くず同然になって地獄のような状況だったが、メンバーコースを持たずにビジターでゴルフを楽しんでいた人にとっては天国のような状況になった。 ちょうどそのころ、宮里藍が2003年9月の「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」でアマチュア優勝を達成し、ゴルフブームが巻き起こった。2007年5月には石川遼が「マンシングウェアオープンKSBカップ」で15歳245日のアマチュア優勝を成し遂げ、これに拍車をかけた。この時期はビジネスツールとしてではなく、個人的な興味でゴルフを始める人が増えたように感じた。 しかし、ゴルフというスポーツは止まっているボールを打つだけだから簡単そうに見えるが、実際にやってみると非常に難しい。上達にてこずった人は2008年9月のリーマンショック、2011年3月の東日本大震災でゴルフをやめてしまった。ふくらみかけた個人需要はしぼみ、多くのゴルフ場は結局、法人需要に頼った。この時期には入社と同時にゴルフを覚えた世代が会社の経営陣になり、以前ほどではないにしても企業主催コンペや社内コンペが盛んになっていった。 ただ、当時は若者たちの反応は鈍かった。「なんで職場の人間とゴルフをしなくちゃいけないんですか? 給料が安いからゴルフクラブを買う金もないし、車もないからゴルフ場に行けないんですけど」というのが彼らの正直な心境だった。 それが昨年ごろから少し風向きが変わってきた。渋野日向子が2019年8月に「AIG全英女子オープン」でメジャー制覇の快挙を達成し、ゴルフが再び注目を集めたことに加え、ゴルフを題材にしたYouTubeチャンネルが続々と開設されたことで、若い世代(特に女性)がゴルフに触れる機会が格段に増えた。これにより、職場のコンペには参加しないがプライベートな友人とはゴルフに行きたいというゴルファー層が少しずつ形成されつつある気がする。ゴルフ場業界はこのチャンスを確実に生かさなければならない。 新型コロナウイルスの流行により、法人需要が当面の間見込めない中、個人需要への大胆なシフトチェンジがゴルフ場の生き残りのカギとなるだろう。

保井友秀

【関連記事】