Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【Apple Watch Series 6詳報】Apple Watchはもはや腕時計の競合ではなくなった

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
webChronos

テクノロジーの分野で知らぬ人はいないほどのジャーナリストが、本田雅一氏だ。その本田氏が、ウェアラブルデバイスについて執筆する本連載。今回は先日お披露されたばかりのApple Watch Series 6が持つ、ウェルネス機としての実力と、Apple Watchの将来性について語る。

Apple Watch Series 6

 アップルが発表した2020年モデルとなるApple Watch Series 6は、そのハードウェアだけを見れば順当な年次更新だ。内蔵するプロセッサが20%高速化し、さらにディスプレイの常時点灯モード時の明るさが25%向上した。後者のおかげで屋外でのランニング時、情報をちらりと見る際の視認性が上がっている。

 もっとも、これらは半導体設計やOLEDディスプレイの発光効率向上といったテクノロジの進歩を考えるならば順当な歩みと言える。  Apple Watchの進化は、こうした電子機器としてのスペック以上にアップル自身による“用途提案”に合わせた細かな改良や内蔵するOS(基本ソフト。最新はwatchOS 7)の改善によって支えられている。

 例えばwatchOS 7には睡眠追跡機能が加えられたが、当然ながら睡眠を追跡するということは、就寝時の充電ができないということだ。そこでゼロから満充電までの時間を約2.5時間から約1.5時間に高速化。80%までならば1時間で充電できる。入浴時や朝出かける前に充電するだけで、その日1日の充電を次足せるようにすることで、睡眠追跡機能を実用的にしようとしている。  これはほんの一例にしかすぎないが、Apple Watchが向いているのは“情報を受け取りユーザーに通知する”部分を大きく超えて、日々の生活をどうサポートするか? という方向に向いている。

ユーザーの声が示したApple Watchが進む道

 昨年、Apple Watchを担当するアップルの幹部に取材した際、興味深いことを話していた。彼らは明確にApple Watchの未来を見据えていたのではなく、Apple Watchを使っている消費者の声が、この製品の可能性を教えてくれたのだという。  初代Apple Watchの時代、アップルは明らかに腕時計を意識していた。腕時計の文化をどう咀嚼し、エレクトロニクス製品と融合するかが大きなテーマだった。それゆえに、腕時計産業をリスペクトし、ケースの素材、磨き、新たに工夫したストラップの構造など、電子機器としてのスペック以外にも投資をしていた。

【関連記事】