Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ネット中継」に「ギア情報てんこ盛り」! 男子ツアー“エキシビション”は風穴を開けたか

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

先週開催されたJGTO共催「ゴルフパートナー エキシビショントーナメント」。同大会はインターネット放送されていたが、他の試合ではない特徴的な放送となった。その中身とは!? 男子ツアーの新星!関藤直煕のドライバー連続写真はコチラから

待ちに待った試合に若手プロが躍動した

JGTO(日本ゴルフツアー機構)が共催する大会、「ゴルフパートナー エキシビショントーナメント」が、7月9~10日に茨城県の取手国際ゴルフクラブで行われた。もともと、プロとアマチュアが一緒に回るプロ・アマ競技「ゴルフパートナー PRO-AMトーナメント」としてツアー日程に組み込まれていた大会だが、こちらは新型コロナウィルスの影響で断念。外国籍のツアーメンバーの参加が難しいため、国内プレーヤーによるツアー外の非公式トーナメントとして、2日間の日程で開催されたものだ。 すでにアマチュア予選会が各地で行われていたこともあり、プロ・アマトーナメントが行われなかったこと自体は残念だった。過酷な予選を突破した選手にとっては、なおさらだろう。PGAツアーでは、「AT&T ペブルビーチ プロ・アマ」が有名だが、日本でのプロ・アマトーナメントがどのようなものになるか、興味が湧くファンは少なくないのではないだろうか。今年は仕方なかったが、来年開催できることを楽しみにしたい。

1月にはシンガポールオープンが開催されたが、その後のトーナメントは中止が相次ぎ、この大会は非公式とはいえ、事実上の国内男子ツアー開幕戦と呼べるものだ。昨今の事情もあり、この大会では選手はもちろん、関係者274人全員がPCR検査を実施。全員が陰性ということで、まずは安心して開催することが出来た。よく言われることだが、ゴルフ自体の感染リスクは小さいのだ。 コロナウイルス感染への対策のため、試合は無観客で行われ、さらにキャディを同伴しないというプレースタイルだった。そのため選手たちは、自身でカートを引いたり、バッグを担いだりしてプレーした。その姿が新鮮で良かったという声も多かったようだ。多くの選手が電動手引きカートを使用するなか、自らバッグを担いだ石川遼は、さすがにスターの風格を漂わせていた。 特筆されるのは、インターネット中継だろう。先だって行われた国内女子ツアー「アース・モンダミンカップ」の4ch放送ほどではないが、それでも第1組から完全インターネット放送を実現していた。面白いのは、「アース」の放送とは異なり、協賛企業のCMが矢継ぎ早に流れていたこと。Youtubeなどで流れる動画広告は嫌がれることが少なくないが、今回はゴルフメーカーばかりで、ゴルフファンなら興味深いCMが多かったのではないだろうか。 なにかと前例のない大会となったこの「エキシビショントーナメント」だが、個人的に驚いたのは、実況のギアへの言及が非常に多かったことだ。一般的な地上波放送では、スポンサーとの兼ね合いもあり、個別でクラブなどの名前が出ることは珍しい。ところが、今回はゴルフショップチェーンのゴルフパートナーが主催ということで、各選手の使用ドライバー、そして使用ボールが紹介されていた。

【関連記事】