Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ヘイSiri、警察に車を止められたよ」…自動で記録するiPhoneの「ショートカット」に再び注目が集まる

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

アップルは2018年にiPhone用の操作を自動化するアプリ「ショートカット」をリリースした。これによってユーザーはさまざまな自動化スクリプトを簡単に作ることができる。 【全画像をみる】「ヘイSiri、警察に車を止められたよ」…自動で記録するiPhoneの「ショートカット」に再び注目が集まる あるユーザーが作成し、広く共有されているショートカットの1つが「POLICE」。あなたの車が警察に停止を命じられたとき、あらかじめ決めた連絡先にそのことをテキストで送信し、その後の警察とのやりとりを記録することができる。 警察と遭遇した時のビデオも決められた連絡先に送信する。 作成者は、このショートカットは他の状況にも応用することができると言う。 アップル(Apple)は2018年、タスクの自動化や効率化をする「ショートカット」というアプリをリリースしたが、それが今、再び脚光を浴びている。 それは、あるユーザーが作成した、自動的に警察とのやり取りを記録するショートカットが、白人警官の暴行による黒人男性ジョージ・フロイド氏の死によって、警察の横暴に対する抗議がアメリカで広がっている中で、再び注目を集めているのだ。 アリゾナ州に住むロバート・ピーターセン(Robert Petersen)が開発したのは、警察とのやり取りを監視して、何が起きたかを記録できる「POLICE」と呼ばれるショートカットだ。 このショートカットをインストールして設定しておけば、あとは、例えば警察に車を停止するように命じられた時には、iPhoneが向かって「ヘイ Siri、警察に止められたよ」と言うだけでいい。すると、プログラムが再生中の音楽を一時停止し、iPhoneの画面の輝度を下げ、「おやすみモード」をオンにする。 そして、あらかじめ決められた連絡先にテキストメッセージを送信して、あなたの車が警察に止められたことを知らせ、iPhoneの前面カメラを使って録画を開始する。録画を停止した後は、あらかじめ設定した別の連絡先に動画を送信したり、Dropboxに保存したりすることができる。 ただし、このショートカットを使うには、「設定」メニューを開いて「ショートカット」を選び、「信頼されていないショートカットを許可」をオンにする必要がある。 ピーターセンは2018年、Business Insiderに宛てたメッセージの中で「車を停止させるよう命じられたのなら、その出来事を記録しておいても損はないように思えた」と述べ、「最近では、多くの警察がカメラを携帯して動画を撮影しているので、これはその民間バージョンといえるかもしれない」と続けた。 警察とのやり取りを記録するためのモバイルアプリのアイデアは新しいものではない。2012年以降、アメリカ自由人権協会(ACLU)などが警察とのやり取りを記録し、ストリーミング配信するアプリを開発してきた。 ピーターセンは、既存の何かをベースにこれを作成したわけではないが、電子フロンティア財団(EFF)のようなデジタル権利グループのプロジェクトには触発されたと述べている。 彼が2018年9月にショートカットをリリースした後、受け取った反応のほとんどが肯定的なもので、何人かは、これとは異なる潜在的な危険に応用したいと話していたという。何人かの人々は「警察と問題を抱えていたと言い、ある女性は、元ボーイフレンドのストーカー問題があり、何かあったときにすぐに家族に自分の位置情報を送ることができるように、ショートカットを使うことにしたそうだ」とピーターセンは述べた。 「これがショートカットのすばらしいところだ。誰でも、他の人が作ったショートカットを自分のニーズに合わせて編集することができる」と彼は付け加えた。 少しのノウハウがあれば、ショートカットは複数のアプリをつなぎ合わせてスクリプトを作り、ボタンを押すか、Siriを使って音声で起動できる。 もちろん、インスタグラム(Instagram)の写真を保存したり、聴いている曲を共有したり、ライトを点けて曲を流す朝のルーティンを作ったりと、ショートカットの使い方は他にもたくさんある。

【関連記事】