Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

与野党、香港統制強化に憂慮 「一国二制度が崩壊」

配信

時事通信

 香港の統制を強化する「国家安全維持法」制定について、与野党から30日、憂慮の声が上がった。  自民党の世耕弘成参院幹事長は記者会見で「中国の国際的な約束である『一国二制度』が崩れるようなことは起こるべきでない」と指摘。中国の習近平国家主席の国賓来日に関し、「歓迎してお迎えできる環境整備が極めて重要だ」と強調した。  立憲民主党の枝野幸男代表は党会合で「政治的自由、表現の自由を守る観点から危惧する」と表明。その上で「わが国政府がどう対応するか見守っていく」と述べた。  国民民主党の玉木雄一郎代表は談話で「香港の高度な自治を深刻に脅かすもので深く憂慮する」とし、各国と連携して中国側に自治権の保障を働き掛けるよう日本政府に求めた。共産党の志位和夫委員長も談話を出して「暴挙だ」と非難し、「自由を求める運動に直接介入、弾圧を可能とするもので、国際人権規約にも反する」と断じた。 

【関連記事】