Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ももクロ玉井詩織が「ビッケ」に勇気もらう、ビッケブランカは「らぶ!」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
映画ナタリー

「小さなバイキング ビッケ」を鑑賞した著名人からコメントが到着。あわせて日本語吹替版の本編の一部が解禁された。 【動画】「小さなバイキング ビッケ」本編映像(そうだ、この手でいこう!)(メディアギャラリー他17件) 本作は、フラーケ族の小さくて弱虫なバイキング・ビッケが、母を救うため海賊長である父ハルバルたちとともに大海原を冒険するさまを描くアニメーション作品。ビッケに伊藤沙莉、ビッケの父母に三宅健太と矢尾幸子が息を吹き込んだ。 ももいろクローバーZの玉井詩織は「ビッケの“夢を信じる勇気”に私も勇気をもらいました」と、芳根京子は「小さな体で、心優しく、知恵を使う勇敢なビッケの姿を見て、自分の心が豊かになりました」と本作について語る。ビッケに似ていたことをきっかけにアーティスト名を決めたというシンガーソングライターのビッケブランカは「支えてくれる周りの愛に気づいて一歩ずつ大人になっていく素晴らしい作品だと改めて思わされました。躍動するアニメーションと音楽も見どころです。らぶ!」とコメントを寄せた。 YouTubeで公開中の映像にはビッケが「そうだ! この手でいこう!」というキメゼリフを口にするシーンが収められた。 エリック・カズ監督作「小さなバイキング ビッケ」は、10月2日より全国ロードショー。 ■ 玉井詩織(ももいろクローバーZ)コメント 海賊は強くなければいけない。みたいに大人になってくると物事に対して「こうでなきゃダメ」という固定観念にとらわれてしまうことが多いと思います。だからこそビッケの“夢を信じる勇気”に私も勇気をもらいました。自分を信じる。家族を、仲間を信じる。その信じるという勇気こそがまだ見ぬ未来を変える力になるんだとビッケが教えてくれた気がします。 ■ 芳根京子(女優)コメント 小さな体で、心優しく、知恵を使う勇敢なビッケの姿を見て、自分の心が豊かになりました。壁にぶつかったら、少し立ち止まって「そうだ! この手でいこう!」という道を進みたいです。ビッケ、ありがとう! ■ ビッケブランカ(シンガーソングライター)コメント 顔や髪型が似ていたこともあって、僕の“ビッケブランカ”という名前はつきました。問題に直面したら考えを張り巡らせるところは見た目だけじゃなく自分と重なるようで笑えます。支えてくれる周りの愛に気づいて一歩ずつ大人になっていく素晴らしい作品だと改めて思わされました。躍動するアニメーションと音楽も見どころです。らぶ! ■ カジヒデキ(ミュージシャン)コメント 子供の頃にテレビで見た「小さなバイキング ビッケ」は、僕の初めてのヒーローでした! 可愛くて勇敢で、ものすごい知恵を持っているビッケは憧れの的でした。 そして今、CGアニメで生まれ変わったビッケに、再び大きな勇気と夢をもらいました! 素晴らしいひらめきと、諦めない力で苦難を乗り越えるバイキングの精神は、今を生きる私たちに強くフィットします。 ビッケが、今の子供達の新しいヒーローになって欲しい! ■ 森百合子(北欧ジャーナリスト)コメント 懐かしいあのビッケに会える!と思っていたら……北欧神話のオディンに、アイスランドの英雄レイフ・エリクソンまで登場!? 海の世界は美しく、ちょっぴり狂気も感じるニュービッケワールド。 ニヤニヤ必至の北欧ネタあり、音楽も贅沢で、大人になってもやっぱりワクワクしてしまう! ■ LiLiCo(映画コメンテーター) 閃き! 柔軟性! 北欧から大切なメッセージが届きました。 親子で楽しんで“自分で考える”大切さを学ぶ。エンタテイメントとしても教育としても美しい色彩に包まれながら賢くなれる一本! (c)2019 Studio 100 Animation – Studio 100 Media GmbH – Belvision

【関連記事】