Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中日アルモンテ2軍で実戦復帰 3番・左翼でいきなり左前打「けがした箇所は気にならなかったよ」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中日スポーツ

◇11日 ウエスタン・リーグ 中日4-5広島(ナゴヤ)

 左わき腹痛で出場選手登録を抹消されている中日のソイロ・アルモンテ外野手(31)が11日、ウエスタン・リーグの広島戦(ナゴヤ)で実戦復帰。「3番・左翼」で先発すると、第1打席でいきなり左前打を放ち、順調な回復ぶりを見せた。  7月3日に登録を抹消されて以来、約1カ月ぶりに頼れるナイスガイが帰ってきた。初回2死走者なしの場面。左打席に立ったアルモンテは、広島先発メナの147キロ速球を難なく左前へはじき返した。第2打席は四球を選び、復帰初戦は1打数1安打1四球の好スタートを切った。  それだけに気分は上々だ。「最終目的の1軍でプレーするというところに向けて実戦復帰は第一歩だね。けがした箇所は打つのも守るのも気にならなかったよ」と、負傷の回復は順調で、まずは胸をなで下ろしたよう。  その上で「実戦の中でしか確認できない部分もある。明日は相手が左投手ということなので右打席もしっかりしたバッティングをしたい」と意欲満々。「1軍に呼ばれた時に良いプレーができることが大事だと思うので、これからの試合でも積極的にプレーしていきたい」と強調した。  仁村2軍監督は「今日のプレーを見た感じは問題はなさそうだね。これからどんどん実戦を重ねていってだね」と期待していた。

【関連記事】