Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ネットで投げかけられる数々の誹謗中傷に悩んでいる人たちへ

配信

HARBOR BUSINESS Online

 先日、「テラスハウス」に出演していた女子プロレスラーの木村花さんが、ネットで投げかけられた誹謗中傷の数々に傷つき、自らの命を絶ってしまうという悲しい出来事がありました。あまりにショッキングなニュースだったため、ネットではさまざまな意見が飛び交い、国会では誹謗中傷を取り締まるための法律を整備しようという動きまで起こりました。  僕は日頃から政治や選挙を見つめている人間なので、この問題については、いろいろと言いたいことがあるのですが、今日は、誰かから心ない誹謗中傷を受けて傷ついているという人に、僕にできる可能な限りのアドバイスをさせていただきたいと思います。僕の言葉が皆さんの役に立つかどうかは分かりませんけど、僕もN国信者から誹謗中傷を受け続けている当事者なので、あなたと状況は変わりません。

嫌なことを言われたら誰だって傷つく

 僕は、N国信者から嫌がらせを受ける前は、放射能の安全厨から嫌がらせを受けていました。  僕は福島第一原発事故の後、放射性物質をなるべく体内に取り込みたくないという考えから、同じ考えを持っている人たちのために食品の中に放射性物質がどれだけ含まれているのかを測定し、公表する活動をしていました。放射能の影響というのは、おじいちゃんやおばあちゃんより赤ちゃんや小さな子供の方が大きな影響を受けやすいため、子供にはなるべく安全な食べ物を食べさせたいというママさんやパパさんから応援され、この活動は支えられていました。ところが、世の中には政府が言うとおりに「100ベクレルまでは安全だから気にせずに食え」と言って、99ベクレル以下のものは恐れる必要はなく、そうやって食べないのは風評被害で農家を苦しめていると主張する「安全厨」と呼ばれる人たちもいるのです。僕はそういう人たちから何度も攻撃を受け、そのたびに悩んできました。  僕はそういう人たちのために活動をしているのではなく、少しでも安全なものを食べたいという人たちのためにやっているのであって、食べたい人は食べればいいし、食べたい人たちの権利まで奪っているわけではないのです。そんなに言うなら、その人が僕の分まで食べればいいのだし。それなのに、まとめサイトを作られたり、言っていないことを言ったかのように言われたり、まるで僕が悪者であるかのような印象操作をされて、こいつに何を思われてもいいけれど、初めてその書き込みを見た人は僕のことを誤解してしまうではないかと憤りを感じ、とても悲しい気持ちになったのです。何度も活動を辞めたいと思ったし、何度も傷つき、くじけそうになりました。しかし、だんだんとネットで何を書かれても、あんまり傷つかなくなりました。どうしてそうなったのかをあなたに教えます。

【関連記事】