Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

5色のウモウゲイトウ、50万本が最盛期 滑川の森林公園、今年からローズも追加 10月上旬ごろまで

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
埼玉新聞

 埼玉県滑川町山田の国営武蔵丘陵森林公園の運動広場花畑で、5色の「ウモウゲイトウ」が見頃を迎え、訪れた人たちの目を楽しませている。 この時季に珍しい…行田市・古代蓮の里で千弁蓮が開花 通常はお盆頃、昨年は1株だけ 今年は3株咲く

 ウモウゲイトウは、ヒユ科ケイトウ属。長いふわふわの花穂が特徴。原産はアジア、アフリカ、南北アメリカの熱帯地方。ケイトウはニワトリのトサカに似ていることから「鶏頭」と呼ばれ、多くの園芸品種がある。  約8千平方メートルの花畑には、赤、黄、ピンク、オレンジに加え、今年からローズも追加、計約50万本が植えられている。今が最盛期。天候にもよるが、10月上旬ごろまで楽しめるという。

【関連記事】