Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

羽生善治九段 対 糸谷哲郎八段 戦型は横歩取りに 持ち時間は糸谷八段が1時間以上リード/将棋・順位戦A級

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 将棋の順位戦A級3回戦が9月2日に行われ、羽生善治九段(49)と糸谷哲郎八段(31)が現在対局中だ。両者とも今期のA級は、ここまで1勝1敗。名人への挑戦権レースに食らいつくのはどちらか。 【動画】羽生九段は竜王戦挑決にも登場  前期の名人戦は、渡辺明名人(棋王、王将、36)が、豊島将之竜王(30)を4勝2敗で下し、初の名人獲得。豊島竜王は初防衛に失敗し、2年ぶりにA級で戦っている。A級は豊島竜王、菅井八段をのぞく8人が2回戦まで終え、2連勝は佐藤天彦九段(32)、斎藤慎太郎八段(27)の2人。1勝1敗は4人で、早くも混戦模様といった雰囲気だ。  羽生九段は、名人戦にこれまで17回登場し、うち9回でタイトルを獲得。十九世名人の有資格者となっている。現在は、タイトル通算99期でもあり、大台の100期達成に向けて各棋戦で活躍中だ。  糸谷八段は、竜王で1期タイトル経験があり、タイトル戦出場は計3回。2016年度の王座戦以来、タイトル戦の舞台に立てていないこともあり、初の名人挑戦で再び存在感を見せたいところだ。  本局の戦型は横歩取りに。早見え早指しで知られる糸谷八段は、対局開始から2時間経過した正午からの昼食休憩までに、持ち時間を14分しか消費しないスピーディな指し回しだ。  本局の持ち時間は各6時間。先手は羽生九段。 【昼食の注文】 羽生善治九段 海老フライ&クリームコロッケの盛り合わせ 糸谷哲郎八段 親子丼と冷たいそばのセット 【昼食休憩時の残り持ち時間】 羽生善治九段 4時間32分(消費1時間28分) 糸谷哲郎八段 5時間46分(消費14分)

【関連記事】