Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【麒麟がくる】「呼吸困難になるのは計算外でした」檀れいが明かす土田御前の心情

配信

ENCOUNT

「土田御前と信長の決定的な絶縁のシーン」弟・信勝を手にかけた信長に…

 NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の第19回が24日に放送された。弟・信勝(木村了)を殺害した信長(染谷将太)は、母・土田御前(檀れい)に「そなたはいつも大切なものを壊す。弟を殺しただけではない、この母も殺した」と責められる。 【写真】「途中で呼吸ができなくなるほど」土田御前の悲しみ  信勝にばかり愛情を注ぎ、信長を疎んでいた土田御前。信勝の亡骸を前にした土田御前は、「弟を手にかけて、尾張を手中に収めて満足か」「そなたはいつも大切なものを壊す。そなたが近くにいるだけで穏やかでなかった」と信長を冷たく突き放す。母に認め荒れ、愛されたいと強く思うゆえに屈折してしまった信長。「終わった。父も弟も、母も失った」と肩を落とす。  土田御前役の檀れいは、「大切にしていた信勝を失った悲しみで、本番のときに自分自身、胸が苦しく途中で呼吸ができなくなるほど、辛いシーンになりました。呼吸困難になるのは自分の中では計算外でしたが、それほど土田御前として、信勝を心の拠り所にしていたし、大事に育ててきたので、自分の半身を失ったかのような苦しみを感じました」と寵愛してきた息子を失った土田御前の悲しみを代弁した。  土田御前は広間で立ち尽くす信長の頬にも触れ、「弟だけではなく母も殺した」と泣き崩れたが、頬に触れたのは檀自らのアイディアだったという。「信長も自分の子ですが、弟をも殺してしまうような異質な存在である信長を産んだのは自分だということを土田御前として認識したかったんです。愛おしく思っている信勝に触れるのと、怒りや憎しみ、悲しみで信長に触れるのとで違いが出せたらと思いました」と撮影に臨んだ心情を振り返った。  土田御前に突き放された信長は「終わった」と落ち込みを隠せない様子を見せた。檀は「このシーンが土田御前と信長の決定的な絶縁のシーンでもあるので、見ている方には『この親子はもうダメだな』と思っていただけるように演じました」と織田家の内紛の終わりとともに迎えた親子関係の終焉にも言及していた。

ENCOUNT編集部

【関連記事】

最終更新:
ENCOUNT