Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「朝鮮戦争の英雄」まで“墓暴き”? 韓国で止まらぬ親日狩り

配信

FNNプライムオンライン

「生ける伝説」の死

7月10日、韓国で「英雄」と称えられた人物が亡くなった。 韓国陸軍の元大将、白善燁(ペク・ソニョプ)氏だ。 【画像】米軍関係者からは「ホワイティー」の愛称で親しまれ、全幅の信頼を寄せられた白氏 朝鮮戦争の際に数々の激闘で功績を挙げたことで知られ、99歳でその生涯を終えるまで、国を救った「生ける伝説」であり続けた。白氏の死去を受け、ソウル市内の焼香所には5000人以上の市民が弔問に訪れたという。 だが、次のように肩を落とす人もいた。 「白将軍への“冷遇ぶり”を見て、申し訳ない気持ちから弔問に来た」 「救国の英雄」と称される人物が亡くなったとあれば、本来なら国を挙げてその功績を偲ぶはずだ。しかし白氏を巡って、国を二分する論争が巻き起こっている。文在寅政権の掲げる「親日狩り」は今や、故人の尊厳や安寧までをも冒そうとしているのだ。

朝鮮戦争で韓国を死守、日米からも厚い信頼

白善燁氏は1920年、現在の北朝鮮の平安北道に生まれ、日本が満州事変で占領した中国東北部に樹立した傀儡国家・満州国で軍人となった。朝鮮半島が日本の統治から解放された後は韓国軍の創設に関わり、1950年に勃発した朝鮮戦争では若くして激戦地の戦闘を指揮。北朝鮮軍の南侵を防ぎ、アメリカを中心とする連合軍とともに北朝鮮軍を北側に押し戻した。ここで負けたら「米韓連合軍は総崩れ」という場面で、師団長として自ら突撃したという逸話も残るほどだ。1953年には韓国初の陸軍大将に昇進。「朝鮮戦争の英雄」として韓国内で長く称賛されてきた。 米軍との関係も深い。「米韓同盟の象徴」と全幅の信頼を寄せられ、姓にちなんで「ホワイティー」の愛称で親しまれていた。死去後、ハリス駐韓アメリカ大使は「心が痛い。白将軍が懐かしい」と哀悼の意を表明。在韓米軍の幹部も「白将軍は英雄であり国家の宝だ。今日の米韓同盟を形にする上で、驚くべき貢献をした」との声明を出している。 軍を退役後は、外交官としてフランス大使などを歴任した白氏だが、日韓交流に尽力した人物でもある。白氏と日本との繋がりと言えば、1970年の「日航機よど号ハイジャック事件」だ。平壌へ向かうべく福岡を発った機体は一度ソウルに着陸したが、当時、韓国交通相を務めていたのが白氏だった。犯人グループとの交渉にあたるなど韓国閣僚として水際立った指揮ぶりを見せ、日本側は白氏の貢献度を高く評価。日本はその後、ソウル地下鉄1号線の建設を支援した。

【関連記事】