Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

山田邦子と出演者・松井玲奈が語る朝ドラ『エール』の魅力

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NEWS ポストセブン

 新型コロナウイルスの影響で、6月27日から放送休止となっているNHKの連続テレビ小説『エール』。放送再開が待ち遠しいところだが、今回は古山音(二階堂ふみ)の姉・関内吟を演じる松井玲奈(28才)に、自分の役どころについて話を聞いた。

──吟のいちばん好きなシーンは?

松井:音から「私って強欲?」と相談されて、ズバリ「いまさら気づいたの? 強欲上等!」と言える吟の、人としての意志の強さが好きだな、と思いながら演じていました。音の口紅を奪ってしまうところは、幼い頃、音から口紅をとられたお返しにも思えて、楽しく姉妹で戯れ合っていました。(第9週)

──裕一(窪田正孝)と音の好きなシーンは?

松井:夜の音楽学校で裕一が音に「きみの夢はぼくの夢でもある」と伝えるシーン。ふたりの絆がさらに深くなり、愛のあるシーンだったと思います。(第10週)

──姉として音にひとこと!

松井:笑った音の顔が、愛おしくて大好き!

──義姉として裕一にひとこと!

松井:音楽と、娘の華ちゃんのことになると周りが見えなくなりがちですが、大きな愛を持っているかた。この先も素晴らしい音楽で多くの人を励ましてほしいです。

──これからの『エール』は?

松井:今後は、心温まるお話もありながら、徐々に戦争の色が濃くなっていきます。裕一さんの作る音楽がどのように時代にかかわり、描かれていくのか気になります。

【プロフィール】 ◆松井玲奈/まつい・れな。1991年7月27日生まれ。SKE48、乃木坂46を経て現在は女優として活躍。NHK連続テレビ小説『まんぷく』にはヒロインの親友・敏子役で出演。

 さらに、朝ドラが大好きだという山田邦子(60才)にもコメントをいただいた。

山田:以前、出演させていただいたこともあって、朝ドラはずっと見ています。『エール』は笑っちゃうシーンと、心に刺さるシーンのバランスが絶妙ですね。きっと撮影現場の雰囲気がいいんでしょうね。できることなら私もドラマの中に入ってみんなと一緒に歌いたいくらい、大好きな作品です!

【関連記事】