Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

〈総力取材2カ月 彼は何と闘っていたのか〉三浦春馬の「重圧」“密葬”に駆け付けた佐藤健との葛藤12年【全文公開】

記事提供終了日:

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
文春オンライン
〈総力取材2カ月 彼は何と闘っていたのか〉三浦春馬の「重圧」“密葬”に駆け付けた佐藤健との葛藤12年【全文公開】

三浦春馬

 その日、東京・日比谷セントラルビルの試写室にはマスコミ関係者がひしめいていた。2014年7月。目当ては大人気漫画の実写版映画『るろうに剣心 京都大火編』。2年前に公開された第一作が大ヒットを記録、二作目の出来は業界の一大関心事だった。  最終盤、敵船に乗り込んだ主人公「緋村剣心」はヒロイン救出のため荒海に飛び込む。意識を失い、浜辺に打ち上げられた剣心を、謎の男が担ぎ上げ、歩き出す……。そこでスクリーンが暗転、エンドロールに最初に流れたのは、「緋村剣心 佐藤健」の文字だ。  瞬間、一人の青年が突然立ち上がった。口惜しさをいっぱいに滲ませたようなその表情は、暗い室内でも隠し切れない。定員わずか60名の試写室。驚く周囲を尻目に、会場から姿を消したのは、佐藤の親友、三浦春馬だった――。

本文:5,623文字

写真:8
  • TBSの『カネ恋』公式HPより。下は佐藤の公式LINE
  • 佐藤健
  • 07年の映画『恋空』
  • 〈総力取材2カ月 彼は何と闘っていたのか〉三浦春馬の「重圧」“密葬”に駆け付けた佐藤健との葛藤12年【全文公開】

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込220
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年10月1日号

文春オンラインの有料記事

PayPay残高使えます