Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

衰え知らずの『アラフォー』城宝匡史が富山グラウジーズに復帰「まだまだ突き抜けて、このスタイルで」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バスケット・カウント

「この年齢だから何かを変えようというのは特にないですね」

取材=古後登志夫 構成=鈴木健一郎 写真=古後登志夫、B.LEAGUE 富山グラウジーズのかつてのエース、城宝匡史が3年ぶりに復帰を果たした。38歳になったが、彼自身は身体的な衰えを感じてはおらず、むしろ昨シーズンにペップ(ジョゼップ・クラロス・カナルス)の激しいプレッシャーディフェンスを掛け続けるハードなスタイルに適応したことが自信になっている。愛着ある古巣に戻った彼は、『個性派集団』である新たな富山に大きな可能性を見いだしている。目標はチャンピオンシップ進出、そして彼自身は3ポイントシュートのB1記録を塗り替えると意気込む。 ──新潟で1年、福岡で2年を過ごして、bjリーグ時代から6シーズンを過ごした富山へ復帰することになりました。まずは福岡での2年間を振り返りたいのですが、昨シーズンはB2でのプレーとなって、モチベーションを保つのが難しかったのでは?  福岡での1年目の最後に会社の経営状態が悪くなってしまい、B2に行くことになりました。正直なところ、B2でプレーすることにしんどい思いはありましたね。B2の中でしか取り上げられない、活躍してもしなくても興味を持ってもらえない、という感覚です。B1で活躍した時の反響のようなものが感じられず、違いを感じました。 その中でモチベーションを失うことなく自分のプレーをすることが大事だと思ってやってきましたが、20点30点取っても大して反響がないとなると、やり甲斐をどこで感じるかが難しかったのは確かです。そんな中で年齢もアラフォーになってきて(笑)。 ──もう38歳ですからバリバリのアラフォーですが、ケガさえなければ十分なパフォーマンスが出せる印象です。これは昔と変わらない感覚でやれているのか、頭を使うとか意識の面で補うことができているのか、どちらですか。 バスケをやることについては準備も練習も今まで通りで、若い時と同じことをずっとやって、それをベースにしてコーチが求めることを遂行しています。この年齢だから何かを変えようというのは特にないですね。昨シーズンは一回もケガをしていないんです。開幕前にちょっと肉離れしただけ。アラフォーだから身体が動かないということはないし、まだまだ突き抜けて、このスタイルでやっていくつもりです。 昨シーズンにしても、気持ちの部分で少し大変だと思いながらもペップの求めに応じて人一倍ディフェンスを頑張りました。ペップは30分ぐらい使ってくれるコーチだったので、その求めに応えなきゃいけないという気持ちが強かったです。試合だけじゃなく練習からハードなので身体へのダメージが大きくて、今まで以上にケアに時間を費やしたのが今までとの違いですね。でも僕らはペップの下では15試合しかやっていないんです。あのバスケットを60試合やると考えたらすごいことだなって(笑)。 ──それでも新シーズンの契約が決まるまでには時間がかかりました。 本当は福岡でもう1シーズンやることも考えていました。ペップのバスケットは本当にキツかったけど、彼の下でやった15試合で僕は結構すごいスタッツを残しているんです。ペップも残ってほしいと言ってくれていたし、この人の下で1シーズン通してやってみたい気持ちもありました。でも、やっぱりB1でプレーしたかったです。 ──実際に富山と契約し、戻って来た感触はどうですか。 富山はやっぱり僕にとって特別で、6年間プレーしたチームに戻れるチャンスは今しかないと思いました。実際にこっちに来てからウェルカム感がすごいんですよ。富山を離れている間も僕を応援してくれた人がたくさんいるし、みんな「おかえり」と言ってくれて、思っていた以上の反響をもらって気持ち良く戻らせてもらいました。

【関連記事】