Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

案外安いぞ500万円~ 日産アリア概要発表 発売は2021年中頃

配信

ベストカーWeb

    日産は2010年に量産電気自動車として初代(先代)リーフを発売して海外でも注目された。2017年には、2代目の現行リーフに一新され、機能をさらに向上させている。 【画像ギャラリー】コンセプトカーがほぼそのまま市販!! 世界が注目する日産期待の新世代クロスオーバーEVを細部にわたってチェック!!   電気自動車は、二酸化炭素の排出量や化石燃料の使用量を抑えるうえで重要な技術とされ、日産はe-POWERと併せて商品展開の中核に据えている。   この流れを受けて、2020年7月15日に概要を発表したのが日産アリアだ。リーフと同様、エンジンを搭載しない純粋な電気自動車だが、モーター駆動の特徴を運転する楽しさにも生かしている。各種の制御やメカニズムを進化させた。   なおアリアの発売時期は2021年の中盤とされ、現時点で披露されたのはプロトタイプ(試作車)だが、開発者は「ほぼこの状態で市販される」という。   世界の自動車メーカーが電動化に舵を切っているなか、量産EVで扇動する日産の新世代EVのアリアの注目度は絶大だ。そのアリアについて紹介していく。  文:渡辺陽一郎/写真:NISSAN、中里慎一郎、平野学

CX-5に近いサイズのクロスオーバーEV

    ブランニューカーのアリアは、SUVのカテゴリーに属する。   サイズは全長4595×全幅1850×全高1655mmとされ、既存のSUVならマツダCX-5の4545×1840×1690mmに近い。SUVのミドルサイズに当てはまる大きさで、斜め後方の視界はよくないが、小回り性能などは満足できる。   ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2775mmだから、全長の割に長く、CX-5の2700mmも上回る。そのためにアリアの外観を横方向から見ると、4輪がボディの四隅に配置されて踏ん張り感も伴う。   フロントマスクには日産車を象徴するVモーショングリルが備わり、精悍な印象だ。   タイヤはSUVらしく大径で、19インチ(235/55R19)と20インチ(255/45R20)をグレードに応じて使い分ける。   最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)は175~185mmで、乗員などの荷重が加わると約150mmまで下がるが、悪路のデコボコや駐車場と車道の段差も乗り越えやすい。

【関連記事】