Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2得点の南野は「絶対的な脅威」 英紙はチーム最高評価の9点!「相手守備陣はパニック」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Football ZONE web

リンカーン戦で先発フル出場の南野が2ゴール1アシストの活躍「クロップに価値を証明した」

 リバプールは現地時間24日、カラバオカップ3回戦で英3部リンカーン・シティと対戦し、7-2で圧勝した。日本代表MF南野拓実は先発フル出場し、2ゴール1アシストと大車輪の活躍を披露。英メディアは南野にチーム最高評価となる9点を与え、「南野は絶対的な脅威になっていた」と絶賛している。 【動画】「相手守備陣はパニックに…」 リバプールMF南野、“絶対的脅威”となったリンカーン戦の強烈ミドル弾  プレシーズンでは印象的なパフォーマンスを披露していた南野だが、開幕戦のリーズ・ユナイテッド戦(4-3)では出番は回ってこず、第2節のチェルシー戦(2-0)でも後半41分からの出場にとどまっていた。そんななか、リンカーン戦ではオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク以外の全員が入れ替わり、南野は3トップの中央で先発を飾った。  試合は前半8分にスイス代表MFジェルダン・シャキリが直接FK弾を叩き込むと、1-0で迎えた同18分、ペナルティーエリア手前でボールを拾った南野が右足を一閃。強烈なミドル弾をゴール右上に突き刺した。同32分、36分にMFカーティス・ジョーンズがネットを揺らし、4点差で前半を折り返した。  後半開始早々の1分、相手GKが弾いたボールにいち早く反応した南野が押し込み、この日2点目を記録。同15分、21分に失点するも、MFマルコ・グルイッチが追加点を決めて6-2で迎えた後半44分、南野がラストパスでベルギー代表FWディボック・オリギのゴールを御膳立てし、計7ゴールの圧勝劇となった。  英紙「デイリー・エクスプレス」はリンカーン戦に出場した選手を10点満点で採点。2ゴール1アシストを記録した南野には「輝かしいパフォーマンスを見せ、クロップに価値を証明した。無慈悲なプレッシングで相手守備陣はパニックに陥り、南野は絶対的な脅威になっていた」とチーム最高評価となる9点を与えていた。  また、「日本人から素晴らしいパフォーマンスが生まれた。止められないランニングでリンカーンに問題を引き起こしていた」と惜しみない賛辞を送っている。移籍後初の2ゴールを記録した南野は、カップ戦で確かなインパクトを与え、ユルゲン・クロップ監督に明確なアピールを示した。

Football ZONE web編集部

【関連記事】