Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

城田優が曲を作ってGLAY・TERUが歌、HISASHIがギター…コラボ動画に「大先輩の大きな愛に心から感動」

配信

中日スポーツ

 俳優の城田優(34)が29日、自身のインスタグラムと公式ユーチューブチャンネルで、ロックバンド「GLAY」のTERU(48)&HISASHI(48)とのコラボレーション楽曲「それでも」を公開した。  城田は新型コロナウイルス感染拡大の影響で外出自粛が続く中、多くの人が不安や孤独と戦っていることや、傷つき苦しんでいる現実が日々増えていることをSNSを通して実感。自身も幾度となく心が滅入り、虚脱感が続く日々を過ごしていたこともあり、前向きなエネルギーを届けられないかという思いのもと制作した楽曲が「それでも」だった。  城田の親交の深いTERUがある日、城田のインスタグラム生配信を見て「何か一緒にやろうよ」と呼びかけたという。城田がインスタで公開したばかりの同曲に目を付け、HISASHIも誘ってコラボレーションが実現することに。楽曲アレンジには、普段から交流がある音楽プロデューサーのUTAが参加。さらに、昨年演出・主演を努めたミュージカル「ファントム」で共演した廣瀬友祐(34)に動画用イラスト画の書き下ろしを依頼した。  城田は「僕の頭の中から生まれたメロディーと歌詞を、TERUさんが歌ってくださり、そしてHISASHIさんにギターを弾いていただけるだなんて、夢にも思っていなかったコラボに感無量です」と感激しきり。「大先輩の仕事の速さ、何より大きな愛に心から感動しました。そして、いつか必ず同じステージに立ちたいという大きな目標が生まれました」とも明かした。  TERUも「エンタメの可能性が見えづらかった時期にこのようなコラボができて心が救われました。HISASHIにも参加してもらいましたが、今回参加できたことをとても喜んでいます」とコメントを寄せた。

【関連記事】