Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

動かすのはクラブじゃなくて足!? 157センチで377ヤードの飛ばし屋プロ・押尾紗樹がいつもやってる飛ばしの「初期動作」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

157センチと小柄ながらドラコン競技で自身最長記録377ヤードを保持する美女ドラコンプロ・押尾紗樹。そんな押尾がルーティン的に行っている、ドライバーショットを打つときの一連の動きとは? 【動画はコチラから】美女ドラコンプロ・押尾紗樹が教える飛ばしの「初期動作」

ドラコン美女の押尾紗樹がドライバーを打つときに気を付けているポイントを、一連の流れに沿って紹介してくれた。

まずティアップだが、飛ばしたいなら高めに設定したほうが良いという。高いティアップでアッパー軌道で球を打つことが、飛距離アップにつながるからだ。 低いティアップのほうが安心感がある、というゴルファーは多いが、飛ばしのためにはこれは良くないという。その理由を押尾はこう説明する。

「ティアップを低くすることによって、インパクトでボールを上から潰しにいく打ち方になったり、ダウンスウィングで体を左にシフトして打つようになるので、飛距離の出るアッパー軌道で打てなくなるからです。飛ばしたいなら、いつも高いティアップで打つようにしてください」(押尾、以下同)

アドレスで押さえておきたいポイントはポスチャー(姿勢)とスタンス幅の2つだ。 「クラブを高いところから下ろしてくるほうがインパクトの衝撃は大きくなるので、アドレスはできるだけ重心位置が高くなる姿勢で構えます。そのときに、スタンスが広すぎると重心位置が低くなってしまうので、あくまで自然な感じで立てるくらいの広さにしておきましょう」 次に、スウィングの始動時のポイントをチェックしよう。ゴルフのスウィングは、静止した状態からスタートをするため、体が固まってしまいやすく、上手くクラブが引けなくなる人は多い。この問題を解決するために、体のどこかを軽く動かして「きっかけ」を作ってからテークバックに繋げるとスッとヘッドが動いてくれるようになる。 このきっかけ作りのことを「初期動作」といい、グリップやクラブヘッドを小刻みに動かすワッグルなどがその代表例だ。しかし、押尾は飛ばしに繋がるもっと良い初期動作があるという。 「私も以前、ワッグルみたいにヘッドを動かすことを初期動作にしようと思ったこともありますが、これをやると腕に力が入ってしまうんです。飛ばすためには、腕の力が抜けた状態でいかにヘッドを速く、大きく動かすことができるかがスウィングのポイントになってくるので、打つ前に腕の力が入ってしまうワッグルは私は採用していません」 そこで、押尾が取り入れている飛ばしの初期動作が、「振り子運動」をベースにしたフットワーク。振り子は、錘の部分を(例えば右側に)持ち上げてやり、パッと手を放すと錘が逆側に振れて振り子運動が始まる。これをゴルフスウィングに当てはめているという。

【関連記事】