Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

14歳ワリエワ、4回転―2回転の連続トウループ着氷 シニアに混ざり圧巻のジャンプ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
スポーツ報知

 フィギュアスケートでロシアのシニア代表選手が集まるテスト大会が13日、モスクワで開催され、フリーが行われた。  女子シングルには2019年ジュニアGPファイナルを制した14歳のワリエワが“飛び級”で参加し、「ボレロ」を演じた。冒頭に挑んだ4回転トウループは空中で軸が大きく傾き転倒。その後、4回転―2回転の連続トウループは着氷してみせた。後半も連続ジャンプを軽々と成功させ、世界トップの実力を誇るシニア選手の中で堂々とフリーを演じ切ってみせた。  ワリエワが昨季の世界ジュニア選手権でマークしたSPとフリーの合計227・30点はシニアを含めてもシーズン5位の高得点。22年北京五輪の金メダル候補にも名前が挙がっている。

報知新聞社

【関連記事】