Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

障害者芸術、郵便局で鑑賞 小矢部県西部巡回展スタート

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
北日本新聞

 知的障害者が描いた絵画を県西部の郵便局で巡回展示する企画「アートがつなぐ遊便(ゆうびん)プロジェクト」が23日、小矢部郵便局で始まった。自由な発想で、伸び伸びと描かれた18点が並ぶ。来年3月末までに6市の計12局を回り、障害者美術の魅力を伝える。(笹谷泰)   郵便局を訪れた人たちに作品を見てもらい、地域の活力づくりに役立てたいと、県西部の95郵便局と県障害者芸術活動支援センター「ばーと◎とやま」(米田昌功代表)が企画した。  アクリル絵の具や色鉛筆、クレヨンを使い、富山駅や不動明王、心象風景などを多彩に描いている。いずれも高岡市伏木古府元町のアートNPO「工房ココペリ」が開くワークショップに参加する20~40代の12人が制作した。  小矢部市内の6郵便局の社員が市オリジナルポロシャツを着る取り組みを同日から始めるのに合わせ、プロジェクトも同市からスタート。小矢部郵便局での開始式では高畠真琴局長と桜井森夫市長があいさつ。米田代表が「多くの人が障害者美術に触れることで、地域コミュニティーが豊かになってほしい」と述べた。

 同郵便局では来月10日まで、13日から高岡南星町郵便局で作品を飾る。

【関連記事】