Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

離婚をする場合、夫婦の共有財産はどうなるの?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

もし離婚をする場合、婚姻期間中に築いてきた財産や養育費、慰謝料はどうなるのでしょう? 今回は、離婚をテーマにした財産分与、年金分割、慰謝料、養育費について解説していきます。

財産分与

財産分与とは、離婚をした人が配偶者(夫または妻)に対して財産の分与(分けること)を請求することができる制度です。財産分与は民法(768条)に定められていますので、正当な権利といえます。その性質は、以下のように解されており、特に(1)が基本と考えられています。 (1)夫婦が共同生活を送る中で形成した財産の公平な分配 (2)離婚後の生活保障 (3)離婚の原因を作ったことへの損害賠償 財産分与の対象となる財産は、夫婦共有名義の財産だけではありません。 例えば、夫の名義で不動産(土地、建物)を購入した場合、法律上は夫の財産となりますが、妻が夫の生活を支えていたという場合には、実質的には共有財産とみなされ、財産分与の対象になります。この考え方は、預金についても同じです。 逆に、結婚前から所有していたものや、相続によって所有することになった財産などは、財産分与の対象とはなりません。 財産分与の額は、まずは当事者間の協議によって金額を決めることになります。当事者間で協議が調わないときや、協議をすることができないときは、当事者は家庭裁判所に対して処分を請求することができます。 この場合、家庭裁判所は、当事者双方がその協力によって得た財産の額その他一切の事情を考慮して、分与をさせるべきかどうか、分与させる場合には分与の額と方法を決定します。 家庭裁判所の審判では、夫婦が共働きをしていても、夫婦の一方が専業主婦(夫)であっても、夫婦の財産を2分の1ずつに分けるように命じられることが多いようです。 財産分与のタイミングは、離婚までに協議をしておき離婚と同時に分与してもよいですし、離婚をしてから分与を請求することもできます。ただし、離婚から2年が経過すると、家庭裁判所に申立てをすることができなくなります。

【関連記事】