Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

閉店する大阪道頓堀「づぼらや」前の公示地価は全国トップレベルの高騰を続けていた

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

大阪の老舗ふぐ料理店「づぼらや」が9月15日で閉店

一連のコロナ禍で飲食店が苦境に喘ぐ中、大阪の老舗ふぐ料理店「づぼらや」が9月15日で閉店することになりました。づぼらやは現有の2店舗とも4月8日から休業中ですが、営業再開することなく、このまま閉店するとのことです。既にホームページでも発表済み。 ホームページでは閉店の理由は細かく書かれていませんが、各メディアによる社長へのインタビューによれば、  ・コロナ禍以前からの経営不振に加え、一連の休業影響が重なった  ・大勢で鍋を囲むスタイルの飲食店で、再開しても密を避けながらこれまで通りに営業する見通しを立てられなかった 等を挙げているようです。

「づぼらや」が全国レベルで知られている2つの理由

ところで、大阪を代表する老舗ふぐ料理店とはいえ、づぼらやは2店舗(新世界、道頓堀)しかありません。 各店舗は座敷席などもあり、相応に大きな店だと思われますが、他のチェーン店のように手広くやってきたというわけではなさそうです。それでも、マスコミ各社が閉店を大々的に報道するくらいですから、大きな理由があるのでしょう。 づぼらやは、2つの理由で大阪のみならず、全国レベルで有名だったと言えます。筆者のように、残念ながら一度も入店したことがない人でも、店名くらいは聞いたことがあるかもしれません。  巨大ふぐちょうちんは大阪を代表するランドマークの1つ 1つ目の理由は、その巨大なふぐ立体看板(ちょうちん)です。 この立体看板は誰の目にも止まりやすく、当然ですが一目でふぐ料理だと理解できます。大阪では「かに道楽の動くかに」「くいだおれ太郎」「づぼらやのふぐちょうちん」は立体看板“御三家”として有名です。 特に、ここ数年は激増した外国人観光客に大人気であり、いずれも有名な写真スポットになっています。外国人にとっては、あの巨大な立体看板は相当に珍しいのでしょう。 いずれにせよ、この巨大ふぐちょうちんは、大阪を代表するランドマークの1つであり、ネットやテレビで一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。 なお、づぼらやの閉店後は、このふぐちょうちんを自治体主導(大阪市)でオブジェの形で残す動きが出ています。まだ何も決まっていませんが、どのような形で残るのか興味のあるところです。  爆騰が続く「道頓堀1-6-10」(づぼらや)の公示地価 2つ目の理由は、地価の高騰です。 実は、づぼらや道頓堀店前は公示地価算出の調査箇所の1つになっています(商業地、以下同様)。この地点は、国土交通省が発表する公示地価では“「道頓堀1-6-10」(づぼらや)”と表示されます。 そして、この場所の地価は急騰が続き、2017年(平成29年)の公示地価では上昇率+41.3%で全国第1位(上昇率ランキング、以下同)となり、2018年も+27.5%で全国第2位となりました。ちなみに、2016年も+40.1%で全国第2位でした。 念のためもう一度書きますが、全国での上昇率で1位とか2位というレベルです。

【関連記事】

最終更新:
LIMO