Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

森友学園に国有地値引きした経緯めぐる交渉記録不開示裁判 勝訴の大学教授が控訴「さらに真相解明を進めたい」

配信

ABCニュース

森友学園に国有地を値引きした経緯をめぐる交渉記録を非開示としたのは不当として、国に対して損害賠償を命じた先月25日の大阪地裁判決に関して、勝訴した原告の大学教授が控訴しました。 神戸学院大学の上脇博之教授は、森友学園に国有地が8億円あまり値引きされた交渉記録が開示されなかったことから、国を相手取り提訴。その後、文書は開示され、上脇教授は請求内容を損害賠償に切り替えていました。先月25日の判決では、大阪地裁が「近畿財務局が当時、交渉記録の一部を保有していたことは明らかで、『不存在』としたことは違法」「意図的に開示しなかったのは相当に悪質」として国に33万円の支払いを命じていました。1日に大阪高裁に控訴した上脇教授は、ABCテレビの取材に対して「当初国が情報を開示しなかった際に、財務省の内部では一体どんな指示があったのかなど、1審判決では事実関係が必ずしも明らかにされなかった」と説明。控訴審を通じてさらに真相解明を進めたいと話しました。

ABCテレビ

【関連記事】