Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日本酒「帰忘郷」と命名 大熊町、避難の恩返しで酒造へ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
福島民報

 大熊町が東京電力福島第一原発事故による会津若松市への避難の恩返しで造る日本酒は、「会津娘」で知られる市内の高橋庄作酒造店が醸造する。名称は「帰忘郷(きぼうきょう)」に決めた。来年二月にも完成品「会津娘 帰忘郷」を披露する。名称発表会と収穫した酒米の引き渡し式が二十三日、町役場で行われた。  名称には町民はばらばらに避難していても心に大熊があり、故郷を忘れずにいる-との思いが込もる。国内外の応募作品三百七十二点から町民の佐々木真さん(いわき市在住)の案を採用した。  酒米は町内大川原産の「五百万石」。高橋庄作酒造店は会津産の同品種で酒造りをしているが、浜通り産を使うのは初めて。純米醸造で七百二十ミリリットル瓶換算約七百本を製造する。二〇二〇(令和二)年度産は試作品とし、贈答やPRに活用する。来年度以降、農産物の風評払拭(ふっしょく)や復興の願いが込められた町の特産品として売り出す。  式で、酒米生産を手掛けた根本友子町農業委員会長が高橋亘社長に稲穂を手渡した。高橋社長は「良い品質で安心した。大変な思いに応えられるよう、責任を持って良い酒にしたい」と表情を引き締めた。

 吉田淳町長と吉岡健太郎町議会議長が名称の書かれたパネルを示した。吉田町長は「復興や晴れの日を祝う酒になってほしい」と期待を込めた。●酒師(ききさけし)の資格を持ち、会津若松市観光大使などを務める氏家エイミーさんが名称選考委員を代表して帰忘郷への思いを語った。 ※●は口ヘンに利

【関連記事】