Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

竹内涼真の寝起き姿を捉えた『竹内涼真の撮休』特報映像公開 劇伴はつじあやのが担当

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 竹内涼真が主演を務めるWOWOWオリジナルドラマ『竹内涼真の撮休』の特報映像が公開された。 【動画】竹内涼真の寝起き姿も  本作は、突然撮影が休みになった俳優の1日を、気鋭監督・脚本家たちが描く異色ドラマの第2弾。人気俳優の竹内が、自分で自分を演じる8つのパラレルストーリーが展開される。  ドラマや映画の撮影期間に突然訪れる休日、通称“撮休”を、多忙な毎日を送る俳優はどのように過ごすのか。知られざる“オフの姿”をクリエイターたちが妄想を膨らませて描き、2020年3月から5月に放送された『有村架純の撮休』は好評を博した。本作はそのシリーズ第2弾となる。  竹内の撮休を描く本作の監督を務めるのは、映画『ここは退屈迎えに来て』『余命1ヶ月の花嫁』など数多くの作品を手がける廣木隆一、Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』、映画『ミッドナイトスワン』の内田英治、そして現役の慶應義塾大生であり、 映画、ドラマ、MVなどを手がける松本花奈。第1話の脚本をドラマ初挑戦となる若手監督・脚本家の首藤凜が担当する。ほかにも、ドラマ『山田孝之の東京都北区赤羽』(テレビ東京系)の構成を手がけた竹村武司、前作に引き続き参加するペヤンヌマキ、ふじきみつ彦らが参加する。  公開された特報映像は、シリーズ第1弾『有村架純の撮休』でも好評だった、撮休となった理由を明らかするオープニングの一幕。撮影の合間に仮眠室で眠る竹内にマネージャーが撮休を伝えると、寝ぼけまなこでOKのサインをするも、事態が把握できず慌てふためくといった内容となっている。なお、オープニングは全話を通して内田監督が担当する。  なお本作は、7月10日から8月28日の約1カ月半の撮影を終えて無事にクランクアップ。日々の撮影を楽しんでいた竹内も満面の笑みで撮影を終えた。  また、劇伴をつじあやのが担当することも決定。スタジオジブリの映画『猫の恩返し』の主題歌「風になる」のヒットなどで知られるつじは、現在も数多くのCMや映画などで楽曲を提供するなどマルチクリエイターとして活躍し、9月21日にはファンに向けて初の配信オーディオライブ『ビクタースタジオから歌をこめて』を開催する。

リアルサウンド編集部

【関連記事】