Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ジャクソン元投手を不起訴 広島地検「十分な証拠ない」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中国新聞デジタル

 広島地検は4日、大麻を加工した液体状の「大麻リキッド」を自宅で所持したとして大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕、送検され、処分保留で釈放されていた元広島東洋カープのジャクソン・ジュニア・ランディー元投手(32)=千葉市美浜区打瀬=を不起訴処分とした。「送致事実を認定するに足りる十分な証拠がないため」としている。 【画像】カープ在籍時のジャクソン元投手  ジャクソン元投手は7月7日ごろ、自宅のマンションで大麻リキッドを隠し持っていたとして同10日に広島県警に逮捕された。県警は情報提供に基づき、同7日に自宅を家宅捜索し、リキッド数本などを押収していた。県警によると、逮捕当時、「何も話したくない」と供述していた。  ジャクソン元投手は2016~18年にカープに在籍。米大リーグのブルワーズでプレー後、今季は千葉ロッテマリーンズに所属。球団は逮捕前日の7月9日、本人からの契約解除の申し出があり受理したと発表していた。

中国新聞社

【関連記事】