Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

巨人・メルセデス四回途中KO「自分の投球ができなかった」重盗から2点適時打

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 「阪神-巨人」(6日、甲子園球場)  巨人のメルセデス投手が先発し、3回2/3を4安打4失点で降板。7月23日・中日戦以来の3勝目はお預けとなった。 【写真】植田 メルセ撃ち!適時二塁打で追加点  前回の阪神戦では甲子園で6回2失点と好投しながらも敗戦投手となった左腕は二回まで無失点も三回1死二塁から近本に中前打を浴び先制を許した。四回1死から梅野に四球を与え出塁を許すと、木浪には投前内野安打を許し一、二塁。植田への4球目にダブルスチールを決められ二、三塁となった。  気落ちしたのか植田には146キロ直球を右中間へ運ばれ2者が生還。高橋を抑えた後、原監督は球審に交代を告げた。「自分の投球ができなかった」。今季の阪神戦で初めて3失点以上を許す結果となった。

【関連記事】