Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

戦型は相掛かりに 森内俊之九段 対 三浦弘行九段 過去の対戦成績はほぼ互角/王位戦・予選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 将棋の王位戦予選が10月13日に行われ、森内俊之九段(50)と三浦弘行九段(46)が現在対局中だ。 【動画】対局の模様  王位戦は予選を勝ち抜いた8人とシード棋士4人の計12人が、紅白に分かれて行う挑戦者決定リーグを戦い、紅白の優勝者同士が挑戦者決定戦を行う。現タイトル保持者は、最年少で二冠を達成した藤井聡太王位(棋聖、18)。  森内九段はタイトル12期、タイトル戦出場25回を誇りながら、王位戦は挑戦経験なし。三浦九段もタイトル1期、タイトル戦出場5回だが、王位戦では挑戦経験がない。予選を勝ち抜けば、若手でもいきなりリーグ入りを果たせる一方で、リーグ入りしていないトップ棋士同士がぶつかり、激しい戦いを繰り広げる棋戦でもある。  実績十分の両者の対決は、相掛かりから進行している。両者の対戦成績は森内九段の15勝、三浦九段の14勝とほぼ互角だ。  本局の持ち時間は各4時間で、先手は三浦九段。 【昼食の注文】 森内俊之九段 チキンカツ定食 三浦弘行九段 タラのキノコあんかけ弁当・ご飯大盛り 【昼食休憩時の残り持ち時間】 森内俊之九段 3時間(消費1時間) 三浦弘行九段 3時間12分(消費44分)

【関連記事】