Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

伊勢丹「絶体絶命からのV字回復」へ導いた“新宿の秘めた実力”

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
PHP Online 衆知

東京の新宿三丁目という日本有数の繁華街に店舗を構える百貨店の雄「伊勢丹」。百貨店のような「何でも扱う」という業態が「たそがれの時代」を迎える中で、伊勢丹の新宿本店だけは現在でも強い集客力を維持している。しかし実はかつて、経営危機を迎えたことがあったという。 突然降りかかった天災とそれに伴う人々の行動変容、そして長年続くブランドの確立――そこから我々は現在にも通じるヒントを見ることができる。 ※本稿は、『20社のV字回復でわかる「危機の乗り越え方」図鑑』(日経BP)の内容を抜粋・編集したものです。

迅速な震災復興がまさか、経営危機の引き金に

伊勢丹の歴史は、1886年(明治時代中期)に初代・小菅丹治氏が東京の神田旅籠町に「伊勢屋丹治呉服店」を創業したことに始まります。当時の東京は「水運の街」であり、伊勢丹は神田という一大繁華街で順調に商売を続けていました。 そして1923年に関東大震災が起こると、伊勢丹も例外なく焼失の憂き目にあいました。しかし伊勢丹の震災からの復興は迅速でした。震災からわずか1年後には、焼失という被害に教訓を得たコンクリート造りの店舗で、営業を再開することとなったのです。 こうして伊勢丹は、関東大震災という未曽有の危機を乗り切った……かのように見えました。ですが、現実は予想外の方向に動きます。再建した神田の店舗への客足が、震災以前と比べて明らかに鈍っていたのです。 関東大震災以降は、東京に暮らす人々は「郊外への移住」を進めたために、従来の繁華街であった神田という土地の集客力が低下していたのです。震災前の繁華街の中でも、神田の凋落は特に著しいものでした。 それは、同じく震災前の繁華街である浅草には映画という娯楽があったのに対し、神田にはこれといった娯楽もなかったからです。この神田の凋落ぶりは、1925年には258店存在した呉服商が、1929年には148店、1932年には102店へと、急速に姿を消していったことからもうかがえます。 震災後、わずか10年にも満たない間に、半数以上の呉服商が姿を消してしまうという非常事態でした。このような「人の流れの変化」によって、神田でいち早く頑丈な店舗を建設し、営業を再開した伊勢丹は、かえって、経営危機に陥ることとなりました。

【関連記事】