Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

前高知高校監督・高橋 秀治氏 新たな指導の道求め海外へ!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校サッカードットコム

  昨年度はインターハイでベスト16。選手権も7年ぶり16回目の出場を果たした高知(高知)で17年間指揮官を務めた高橋 秀治氏がこの度、高知学園を退職。近日中に日本サッカー協会が推進する「アジア貢献事業」の一環として、海外に指導者派遣されることが明らかになった。  これは高知県を離れる直前の6月17日、高橋氏本人が高校サッカードットコムの電話取材に対し明らかにしたもの。すでに3月末をもって高知中監督時代を含め約30年間を過ごした高知学園を退職した高橋氏は「10年前くらい前から海外で指導者を経験したい想いは持っていて、インターハイで2つ勝てたことで踏ん切りがついた。高知高校には若い指導者も育っているので、頑張ってほしい」と挑戦への経緯と古巣へのエールを送った。  高橋氏はコロナ禍により、しばらく国内に滞在することもあり、まだどの国の指導者になるかは明らかにすることはなかったが、アルゼンチンやオランダなど海外におけるサッカー指導を普段から現地に赴き採り入れ、2016年に四国の教員として初となるJFA公認S級ライセンスを取得した氏のたゆまぬ姿勢であれば、世界のどの国でも成功するはず。  「高知ユナイテッドSC(今季からJFL)・西村 昭宏GM兼監督(元U-20日本代表&セレッソ大阪、京都サンガ監督)にも大変お世話になったので、いつかはこの経験を高知県・四国に還元したい」と語る51歳の挑戦を、大いに応援したい。

【関連記事】