Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

前橋で高級金魚やメダカ 複数の愛好家宅で盗難相次ぐ 総額10万円相当「値段以上のショック」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
上毛新聞

 前橋市で高級金魚やメダカの盗難が相次いでいることが8日までに、関係者への取材で分かった。前橋市の男性宅では7月下旬から今月にかけて、総額10万円相当の被害があった。近隣でも同様の被害が複数件確認されているという。

◎被害判明時 いずれもふたが閉められた状態

 群馬県メダカ協会長を務める同市の岡田修一さん(69)宅では、7月下旬から5回の被害に遭い、計約100匹、総額10万円ほどの金魚が盗まれた。チョウのような尾びれが美しい「蝶尾(ちょうび)デメキン」、丸い形が特徴の「ピンポンパール」「宇野系らんちゅう」など、体形やひれの状態からAクラスと評価される金魚が標的にされ、高いものでは1匹1万円ほどするという。

 同30日朝、自宅の庭にある発泡スチロールの鉢の金魚の数が減っていることに気付いた。鉢はふたをしていた。その後も被害に遭ったが、発見時はいずれもふたが閉められていた状態だったという。

 岡田さんは約30年間メダカを育て、昨年は全国の品評会で総合2位となるなどの実績がある。ここ数年は金魚の飼育にも力を入れていた。「何年も、何世代もかけて品種改良を重ねて育ているもの。値段以上のショックがある」と肩を落とした。

 岡田さんによると今春以降、近隣の複数の愛好家宅でも、新しい品種のメダカを中心にそれぞれ100匹程度が盗難被害に遭っている。

【関連記事】