Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

フレンチトーストをふっくら焼き上げるコツ。多めの卵黄が決め手

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

いつもの食パンが、家にある食材でおしゃれに変身するフレンチトースト。最近では各社コンビニでもスイーツのラインナップに加わるなど、おうちカフェを華やかにしてくれるメニューとして不動の人気を得ています。 そんなフレンチトーストですが、卵液をしみ込ませたパンを焼くとしぼんでしまい、ふっくらさせるのが意外と難しいもの。 家庭でもカフェや喫茶店のようにおいしく仕上げるコツを、料理家の星谷菜々さんに教わりました。

カフェのような仕上がり!ふんわりフレンチトーストのつくり方

●フレンチトースト 【材料(4人分)】 ・食パン(4枚切り) 2枚 ・A[卵1個 卵黄1個分 砂糖大さじ2 牛乳150ml] ・バター 7g ・仕上げ用バター、メープルシロップ 各適量 【つくり方】 (1) バットにAを入れてよく混ぜ、卵液をつくる。 (2) パンは耳を落として半分に切り、(1)に浸す。途中で上下を返しながら、卵液をすべて吸い込ませる。(ラップをして冷蔵庫で一晩つけてもよい) (3) フライパンを中火にかけてバターを溶かし、(2)のパンを並べる。フタをして、弱めの中火で3分蒸し焼きにする。 (4) 焼き色がついたら裏返し、再びフタをして2分蒸し焼きにする。側面も焼き色をつける。 (5) 器に盛り、バターとメープルシロップをかけていただく。 [1人分264kcal]

<ポイント> 卵液に卵白が少ないのが、しぼみにくいコツ。側面も焼くことでふっくらした仕上がりに。 <撮影/有賀傑 料理/星谷菜々 取材・文/ESSE編集部>

【関連記事】