Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ベッテルが来てくれるなら歓迎する」とハースF1のボス

配信

TopNews

ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーが、もしもセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が2021年に来てくれるなら歓迎だとコメントした。 ●【決勝レース結果】2020年F1第2戦シュタイアーマルクGP決勝レースのタイム結果 2020年シーズン限りでフェラーリと決別することが決まっているベッテルだが、トップチームであるメルセデスやレッドブル、さらにはルノーや来季アストンマーティンと名前を変えることになるレーシングポイントのシート獲得も事実上不可能な状況となっている。 ベッテル自身も「自分に正直になって“これで終わりかもしれない”と言うべきだろうね」と語り、来季のF1シート獲得が非常に厳しい状況となっていることを認めている。 ベッテルにとって引退以外にもうひとつ残された選択肢は、2021年のシートはあきらめ、2022年の復帰を目指すことかもしれない。 「その通りだよ。現時点ではどんな可能性だってある」 「外部からプレッシャーを与えられなくてはならない理由などないからね」 「悪くないチャンスがあれば僕も興味を持つだろうけれど、もしそういうものがなければ僕は続けないだろうね」 そう語ったベッテルは次のように付け加えた。 「だけど、今シーズンは間違いなく最後までやるよ」 勝利が期待できるF1マシンを手に入れる可能性はほぼなくなったベッテルだが、もしも2021年もF1で走ることができるのであれば弱小チームでもかまわないという考えを持てるのであれば、そのチャンスはあるかもしれない。 ハースのシュタイナーはもしもベッテルが獲得できるとしたらどうするかと尋ねられると今季のF1第2戦シュタイアーマルクGPが行われたオーストリアで次のように答えた。 「ベッテルは4回もF1チャンピオンになっている。彼が本当に弱小チームと一緒にやりたいと思うだろうか?」 「彼がどういう人生を送りたいと考えているのかは分からない。だが、もしも彼が我々と一緒に何かをしたいと思うのなら、我々は喜んで彼といい関係を持ちたいと思うよ」 シュタイナーは、F1では時として今回のベッテルのような意外な展開が起きることもあると次のように続けた。 「同じドライバーをめぐって3チームあるいは4チームが争うことだってある。その一方で素晴らしいドライバーが消えてしまうことだってある。1年前のニコ・ヒュルケンベルグのようにね」 「我々に関しては、ドライバーを1人も見つけられないのではないかといった心配はしていないよ」 そう語ったシュタイナーは笑いながら次のように付け加えた。 「ベッテルが市場に出ているくらいだからね」

【関連記事】