Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

写真部日本一は京都の女子高校生 「人と違う作品を」骨折しても撮影へ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校生新聞オンライン

坂美悠さん(京都聖母学院高校3年)は、文化部の全国大会である第44回全国高校総合文化祭(総文祭、10月末までオンライン開催中)写真部門で文部科学大臣賞を受賞した。高校生ならではの感性で生み出された「エモい」写真の数々はどのように撮影したのか、じっくり聞いた。(文・写真 木和田志乃)

音を光で表現した

―今年の総文祭で日本一になった受賞作品「私の音色」について教えてください。何をいつ撮った写真ですか? この作品は、これまでの高校生活を通じて最も印象深い作品になりました。

撮影したのは昨年の年末。ちょうど光を使った撮影にはまっていた時期で、「目に見えない音というものを光で表したい」と思って撮った作品です。

まずは自宅でカメラを三脚に固定。セルフタイマーをセットしてファイバー状のライトをモデルの頭の前で振り、シャッタースピードを遅くして何十枚も撮りました。

ライトの色は変化するので赤や黄色でも撮影したのですが、私の中にあるイメージにしっくりくるのが紫でした。実は前々日にペンライトを使って撮影したのですが、気持ちが悪い作品になってしまったので……撮り直しました。

小学校からの友人がモデル

―モデルの方はどなたですか? 小学校からの友人です。高1の時から撮影のモデルをお願いしています。

今回の撮影は2日がかりで、少し上を向いてヘッドホンで音楽を聴く姿勢を何時間も取り続けて大変だったと思います。受賞が決まった時は「すごいね、がんばったね」と泣いて喜んでくれました。

きっかけはおじいちゃん

―写真に関心を持ったのはいつ? 私の祖父が写真を趣味にしていて、その撮影についていくうちに写真に関心を持ったんです。小6の時にお年玉でコンパクトカメラを買って、身のまわりのものなどを撮るようになりました。

中3の時に一眼レフのカメラを買い、高校で写真部に入ってから本格的に撮影するようになりました。

手術前日も写真撮影

―写真技術はどのようにして身に付けてきたのですか? カメラの基本的な使い方は、写真部に入ってから顧問の和田雅裕先生に教えていただきました。写真集やカメラ雑誌、SNSなどで見て、気になった写真に似せられるように自分で設定を変えながら撮影を繰り返すことで身に付けていきました。

【関連記事】