Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

指が止まらないほど美味! VOGUEGIRL編集部が愛するフライドポテト8選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VOGUE GIRL

小腹満たしに、食べ歩きに、フライドポテトのお気に入りスポットをエディターにASK。指が止まらない美味な8つのショップをご紹介。

禁断の旨み!! アゴだしのポテトフライ。

渋谷にある博多料理の人気店「お汐井」。福岡出身のVOGUE GIRLスタッフに連れて行ってもらって以来気に入って、編集部みんなでのご飯会でも何度もお邪魔しています。食の宝庫である九州ならではの新鮮なお刺身からもつ鍋、鉄板焼きにちょっとした一品料理まで、その全てが最高に美味しい! 自然とお酒も会話も弾んで楽しいひと時を過ごしています。すべてがA面なメニューの隠れた名脇役といえるのが、フライドポテト。歯ごたえとほっこり感が味わえる細めにスライスされたポテトに旨みたっぷりのアゴ出汁の粉が振りかけられていて、一度口に入れたら止まらない! みんなで必ずお代わりをしちゃいます。お店の人はきっと「もっとオススメ料理を紹介してほしい!」と思うかもしれないのですが(笑)、ガール編集部でも人気の高いこのポテトフライ、皆さんもぜひ味わってみてください。(VOGUE GIRL副編集長 荒井 現) お汐井 http://oshioi.com/

飽きがこない”ウマミ”ポテト。

専門店もできるほど、色々な種類のフライドポテトがありますが、ふらっと食べたくなるのは、幼少期から慣れ親しんでいる定番の細身タイプ。バーガーショップでバニラシェイクと一緒に、甘・辛を交互に楽しむジャンクスタイルが口福です。日本でも拡大中のLA発の「ウマミバーガー」は、バーガーはもちろんですが、フライドポテトの種類が豊富。写真はウマミケイジャンスパイスが効いた、ケイジャンフライ。ほかにも、トリュフフライ、チリチーズフライ、メープルベーコンフライなどが揃うので、ポテト好きと一緒にフライドポテトの食べ比べも楽しいです。(VOGUE GIRL エディター 蔵澄 千賀子) ウマミバーガー https://umamiburger.jp/

チーズ×グレービーが織りなす、魅惑の濃厚ハーモニー。

NETFLIXを観ながらビールを片手に食べたくなるのが、下北沢に小さなスタンドを構える「ロブソンフライズ」の看板メニュー「プーティン」。カナダでポピュラーなB級グルメらしいのですが、もっさりしない程度の“ちょい太”カットのフライドポテトに、肉汁の旨みをたっぷり含んだグレイビーと濃厚チーズが絡まり、カリカリとトロトロが一気に迫ってくる、なんとも罪深い1皿。ただこのお店の素晴らしいところは、そんなジャンクフードを健康的に楽しめるようにと、揚げ油には身体にやさしい米油を使用し、油を酸化させないためにオーダー後に揚げたてをサーブしてくれる点。この気遣いのおかげで、安心してこの美味しさに溺れられるのです。写真は一番シンプルな「チーズポテト」ですが、ここにさらにチリやビーフステーキ、BBQポークなど、種類豊富なトッピングやシーズニングを加えながら、豪快にカスタムするのが通の楽しみ方。古着屋探索ついでなど、お近くにいる際はぜひ立ち寄ってみてください。(VOGUE GIRL エディター 諸岡 由紀子) ロブソンフライズ https://www.robsonfries.com/

【関連記事】