Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

故ブレイク・エドワーズ監督の大ヒット作「テン」をワーナーがリブート

配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 「ティファニーで朝食を」や「ピンク・パンサー」シリーズで知られる故ブレイク・エドワーズ監督の大ヒット作「テン」(1979)を、米ワーナー・ブラザースがリブートすることがわかった。米Deadlineによれば、リブート版は「キューティ・ブロンド」のカレン・マックラー&キルステン・スミスが脚本を執筆する。  エドワーズ監督・脚本、妻ジュリー・アンドリュースとダドリー・ムーア、ボー・デレクが主演した「テン」は、中年の危機まっただ中にあるハリウッドの作曲家(ムーア)が、恋人(アンドリュース)そっちのけで偶然見かけた新婚女性(デレク)に夢中になるロマンティックコメディ。公開当時、全米興収約7500万ドルの大ヒットを記録し、ゴールデングローブ賞で作品賞、主演男優賞、主演女優賞など5部門にノミネート、アカデミー賞で作曲賞、主題歌賞の2部門にノミネートされた。  リブート版は、前作のウィットやユーモア、性に対する考え方などを現代的な解釈で描くという。アンドリュースとアショク・アムリトラジが製作総指揮、スー・クロール、ジェフ・ナサンソンがプロデュースを手がける。

【関連記事】