Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

生まれ変わった松坂大輔を見たい。未完成の新スタイルと、高橋光・今井との化学反応

配信

REAL SPORTS

14年ぶりに古巣への復帰を決めた「平成の怪物」も今年で40歳。全盛期の投球からは遠ざかってしまったようにみえる。だがそれでも見たいと願ってやまない。まだ見ぬ未完成の新スタイルを、生まれ変わった松坂大輔を、少しでも長く見続けられることを――。 (文=花田雪)

「今の松坂は、生まれ変わろうとしている」、小宮山悟の目

14年ぶり――。 そうは思えないほど、ライオンズのユニフォームがしっくりくる。 2006年以来の古巣復帰を果たした松坂大輔を見た率直な印象だ。 松坂不在の間に、埼玉西武ライオンズのユニフォームは大幅なモデルチェンジを果たした。 当時まとっていた鮮やかなライオンズ・ブルーから、西鉄時代の「黒」を重ねたレジェンド・ブルーへ――。 それでも、違和感なく溶け込んでしまうのはやはり松坂大輔の原点が「ライオンズ」にあるからだろう。 2月上旬、宮崎・南郷スタジアム。 投内連携で助っ人外国人や若手投手と共に練習を行う松坂大輔の動きは、思った以上に軽やかだった。 ボストン・レッドソックス、ニューヨーク・メッツ、福岡ソフトバンクホークス、中日ドラゴンズ――。4球団を渡り歩いた松坂は、その間、度重なる故障に悩まされ、心無いバッシングも浴びた。 流れるような美しいフォームから、150キロを超える快速球と切れ味鋭いスライダーを投げ込み、打者をねじ伏せるあの松坂は、確かにもういないかもしれない。 それでも、若手の多い投手陣の中で、松坂の技術と経験は大きな存在感を放っている。 メジャー生活の後半、そして日本球界復帰後の松坂は、試行錯誤の日々を過ごした。 以前、小宮山悟(現・早稲田大学野球部監督)に話を聞いた時、松坂についてこんなことを話してくれた。 「今の松坂は、生まれ変わろうとしている。故障もあって、全盛期のような投球はできないかもしれない。もともとがパワーピッチャータイプなので、球速の衰えは致命傷ともいえる。ただ、最近はカットボールなど小さく動く変化球をうまく使うことで打者を打ち取るスタイルにマイナーチェンジを図っているのが見て取れる。能力自体は素晴らしいのだから、何とか復活してほしい」

【関連記事】