Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

名店で腕を磨いてきたシェフの新たな一手! 安定感が凄い「未来の超人気店」4選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
東京カレンダー

無数にオープンするお店の中で、これから人気になるお店を選ぶのは至難の技。 そこで注目したいのが、超人気店のDNAを継承した新店。有名店出身のシェフが腕をふるう店や、話題の店の次の一手がそれにあたる。 名店のDNAを持つお店の面白さは、前の店のイズムを継承しつつ、独自に進化させていること。 そんな要素を持ち、これから話題になるであろうレストランを厳選した!

和の手練による新店は、予期せぬ料理で心を躍らせる『NK』

2009年からミシュラン三ツ星を取り続ける『石かわ』。その店主・石川秀樹さんは、『蓮 三四七』、『虎白』、『波濤』など、予約の取れない店を次々と生みだしてきた。 そして今度の新店には34歳という若き料理人・角谷健人さんを抜擢した。「石川さんが名付けてくれました」。そう言って角谷さんが差し出した名刺には“カク・ランド”というニックネームが記されていた。 あの有名テーマパークをもじった愛称で、角谷さんの料理が奇想天外でありながらも、誰にでも愛されるという本質を言い当てている。

角谷さんが店主を務める『NK』は石川グループ唯一の洋食のベテランシェフ高橋七洋さんとタッグを組んだ新店。 その魅力の秘密は石川さんをして〝奇才・天才〞といわしめる彼の料理。『石かわ』の流れを汲むと聞けば、想像するのは素材の味をクリアに引き出した和食。 だが角谷さんは、和洋中の引き出しから自在にインスピレーションを取り出し、才気あふれる組み合わせで料理を構築する。 しかも、初めて出合う味なのに、誰もが違和感なく美味しく味わえることに驚いた。 「考えながら食べる料理にはしたくない。ただ美味しいと思ってもらえればうれしいです」と角谷さんは笑う。 気鋭の若手を育てる達人、石川さんが見出した新しい才能。 それを聞きつけた多くの美食家が、誰よりも先に駆け付けたいと熱望する待望の一軒の誕生だ。

一度焼いて出汁につけた万願寺唐辛子を麺と同じ細さに切って和えた一品。口の中でほどよく青い香りとほのかなスモーキーさが弾ける。すだちや胡麻油などさっぱりとこっくりのバランスが絶妙。塩気はキャビアで補う

【関連記事】