Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

性的指向を上司に暴露され精神疾患に。アウティング行為として労災申請へ

配信

ハフポスト日本版

関東地方の保険代理店に勤務する20代男性が、性的指向を上司から同僚に暴露(アウティング)されて精神疾患になったとして、労災申請をすることが分かった。男性は、ハフポストの取材に「セクシュアリティという最大のプライバシーを勝手に暴露されることが、どれだけ本人を傷つけるかを知ってほしい」と訴えている。(國崎万智/ハフポスト日本版) 男性は2019年に営業職で入社。入社前の最終面接で、業務に必要な書類に記入する際、書類に緊急連絡先の欄があった。男性には同性パートナーがおり、自治体が二人の関係を公的に認める「パートナーシップ制度」で認定されていた。そのため男性は、会社の代表と上司の2人に「緊急連絡先に同性パートナーの連絡先を登録したい」と伝え、自身の性的指向も打ち明けた。同時に、「同僚には自分のタイミングで、自分から伝えたい」との要望を伝えていた。全社員ではなく、正社員に限定したい旨も話していたという。

■「一人ぐらい、いいでしょ」

同年夏、男性の隣の席のパート女性から突然、無視をされたり避けられたりするようになった。その後、面接時に性的指向を打ち明けていた上司から、パート女性に対して「(男性に同性パートナーがいることを)自分から話した」と明かされたという。 「謝罪の言葉もなく、『自分から言うのが恥ずかしいと思ったから、俺が言っといたんだよ。一人ぐらい、いいでしょ』と笑いながら言われて、あまりにもショックでどうしたらいいか分からなくなりました。他の社員にも広められているのではないかと思うと、会社に行くのが怖くてたまらなかった」 それ以来、男性は最低限の業務連絡を除き、この上司と距離を置くようになった。上司の発言に対して反論した時、頬を叩かれたこともあったという。アウティングとパワハラが重なったことで、男性は同年10月から出勤できなくなった。12月に心療内科で抑うつ状態と診断を受け、現在まで休職している。

■同僚から差別、訴訟も

本人の了解を得ずにセクシュアリティを第三者に伝えるアウティングは、された本人の心身に深刻なダメージをもたらす。 2015年には、一橋大法科大学院の男子学生が、同級生に同性愛であると暴露された後、転落死する事案が発生した。また、性同一性障害で性別変更をしたことを勤務先の病院で同意なく明かされ、同僚から差別的言動を受けたとして、大阪市の女性が損害賠償を求める訴訟を19年8月、大阪地裁に起こしている。 アウティングを巡る問題は近年相次ぐ。一方、男性を支援するNPO法人「POSSE」の佐藤学さんは、「アウティングによる精神疾患を理由とする労災申請は、極めて珍しい」という。 「性的少数者はほとんどの場合、差別や偏見を恐れてセクシュアリティを職場で隠しています。労災申請をするということは、半ば強制的に他者にセクシュアリティをカミングアウトすることになる。アウティングというトラウマになるような重大な被害に遭った上で、さらに多くの人にカミングアウトしないといけない。本人にとって非常にハードルが高いことも、アウティングの問題が顕在化しにくい大きな理由の一つだと思います」(佐藤さん)

【関連記事】