Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<先輩スターのオーディションエピソード>『今日から俺は!!劇場版』出演の篠原理沙、「一番“芋っぽい”写真を選びました(笑)」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デビュー

 雑誌の創刊から今年37周年を迎えるオーディションメディアのパイオニア『デビュー』は、毎夏恒例の大型オーディション企画『夏の特別オーディション2020』を開催中。同特集では芸能プロダクション126社の新人募集情報を一挙掲載しているが、特別企画として、オーディションを経て芸能界デビューを果たした先輩たちの【オーディションエピソード】を紹介。本人および担当マネージャー・スタッフの取材とともにクローズアップする。今回は、『今日から俺は!!劇場版』篠原早紀役などで活躍中の女優・篠原理沙に、自身が経験したオーディションエピソードを聞いた。 【写真】ルース所属:松浦雅 ■ルース所属/篠原理沙 ――現在の所属事務所に応募したきっかけは? 「憧れの女優さんが所属している事務所だったこと、『Loose(磨かれた裸石)をartistとみたて、その裸石があらゆる角度から光を放つように、(中略)会社と共に、成長し続けることを理念としています。』という事業理念に惹かれて、ここで女優として成長していきたいと思ったのがきっかけです」 ――書類審査ではどんなことをアピールしましたか? 「写真は、一番“芋っぽい”写真を選びました(笑)。自分をよく見せるためにポージングをしてキメキメに撮るよりも、ナチュラルに飾らない、ありのままの自分を見せたほうがいいと思ったからです。また、特技のところは印象に残るようにしたくて、自分にしかできない特技を書くようにしました」 ――面接審査ではどんなことをアピールしましたか? 「とにかくこの事務所に入りたい!!という強い意志とやる気を伝えるようにしました。よく見られたいという気持ちも捨てて、ありのままの自分をいること、自分の長所も短所もすべてさらけ出す気持ちで挑みました。印象に残っていることは、事務所がアットホームな雰囲気でとても居心地がよかったことです。それまでもいくつか面接を受けていましたが、ここしかないと思いました」 ――オーディションで合格を掴み取るまでに、どんな努力や準備をしていましたか? 「ベストコンディションで挑みたかったので、体調管理と食事管理を徹底しました。何よりも健康が一番大事だと思ったので、食事はバランスのよいものを選ぶようにして、質のいい睡眠をとれるように湯舟に浸かって身体を冷やさないように心がけました。 あとは、オーディションに受かることだけでなく、もしオーディションに受かったらどうしたいか、どんなことをすればいいのかと、先のことまで入念に考えていました」 ――所属事務所・ルースはどんなところですか? 「とてもアットホームで、コミュニケーションを大事にしている事務所だと思います。なんでも相談しやすく、熱心にサポートしてくれるので私の第二のお家のような場所です」 ――今後の夢、目標を教えて下さい。 「戦時中や戦後を描いた時代物の作品が好きなので、その時代に生きた偉人や強い女性を演じてみたいです。そのためには所作や言葉使い、歴史の勉強も欠かしません。TVコマーシャルをみることも好きで、ゆくゆくはCM女王の座も狙っています(笑)」 ◆担当マネージャー・スタッフからのイチ押しポイント◆ 「2020年7月17日公開の映画『今日から俺は!!劇場版』(監督:福田雄一)篠原早紀役、映画公開記念『今日から俺は!!』(NTV)ドラマスペシャル 篠原早紀役の他、CMも多数出演!! 爽やかで、何色にも染まらない透明さを持っているところが魅力です。異性や同姓からも指示があるところが、彼女の武器です」 【プロフィール】 篠原理沙(しのはら・りさ) 1992年9月26日生まれ、徳島県出身。 主な出演作: テレビ/『今日から俺は!!』、『科捜研の女SEASON17』、『警視庁・捜査一課長2』   映画/『劇場版今日から俺は!!』 CM/ヤマキ株式会社、NTT東日本 ◆ルース『夏の特別オーディション』で新人を募集中。  篠原理沙のほか、音楽劇『モンテ・クリスト伯』出演の松浦雅、ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン出演の森田力斗が所属する「ルース」をはじめ、デビューが新人発掘に積極的な126社の芸能プロダクションをセレクト。審査・合格後の際の費用は一切不要。さらにこの募集を通じて合格・所属となった場合は、デビューが活動を応援していく。『夏の特別オーディション2020』はオーディション情報サイト「デビュー/Deview」でエントリー受付中。

【関連記事】