Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ロシア版ディフェンダー!? 新車で買える超クラシカルなロシア車「UAZ ハンター」

配信

MOTA

ロシアの魅力的なクルマにフォーカスする当記事。今回紹介するのはロシア自動車メーカー「UAZ(ワズ)」の本格クロカン「Hunter(ハンター)」だ。このミリタリーでレトロなルックスだが、驚いたことに2020年現在もロシアで新車を購入できるのだ。 ■80年代なインパネ・手動の窓・補助席のようなリアシート!? 「UAZ ハンター」の内外装を見る![全73枚] そんな「UAZ ハンター」とは一体どんなクルマなのか紹介していこう。

UAZ ハンターとは、どんなクルマなのか

ロシアの自動車メーカー「UAZ(ワズ)」が製造するコンパクトな本格クロカン「Hunter(ハンター)」。2020年現在もロシアで販売されているクルマだ。 ソビエト時代に生産されていた四輪駆動小型軍用車両「UAZ-469」をルーツとしており、見た目通り堅牢で、過酷な状況下で本領を発揮するような設計となっている。 ■ソリッドで軍事車両のようなルックス 特徴となるのは、軍用車両のようなヒンジが剥き出しのボディや、丸ライトと独特のボディラインによるユーモラスな見た目のフロントフェイスだろう。 写真だと大きなクルマに見えるが、ボディサイズは全長4050mm×全幅1775mm×全高1950mmと、ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズと同じくらいのコンパクトさだ。 ■実用性・耐久性を重視した内装 内装も古い本格的四輪駆動車のようなシンプルさ。インパネをはじめとし、手動の窓、補助席のよう後席など、どこを見てもクラシカルな雰囲気だ。 5人乗りの車両だが、ホイールベースは2380mmとスズキ ジムニーよりも130mm長い程度なので、多少窮屈かもしれない。 このレトロな内装にも関わらず、チャイルドシート用ISOFIXが助手席・後部座席に装備されている。このあたりは新車で購入できるクルマらしさがある。 ■本格的なオフロードを走るためのスペック 気になるスペックだが、パワートレインは2.7リッターガソリンエンジンで、最高出力134.6馬力/4600rpm、最大トルク217Nm/3900rpmとパワフル。トランスミッションは5MTの後輪駆動パートタイム4WD。燃費は約7.5km/Lと見た目通りだ。 そしてダートを走る上で気になる最低地上高は210mmとバッチリ。フロントサスペンションはアンチロールバー付コイルサスペンション、リアサスペンションはリーフスプリング式で、乗り心地よりも信頼性を重視した仕様となっている。 ロシアでの価格は76万2000RUB(約116万円)から。 いかがだっただろうか。今回紹介したロシアの本格クロカン「UAZ ハンター」は、どこを見てもレトロであり、写真を眺めるだけでも楽しいクルマなので、フォトギャラリーも是非チェックしてほしい。

MOTA編集部

【関連記事】

最終更新:
MOTA