Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ダイバーズと防水時計は違う!?】意外と知らない時計の基礎知識-第2回は防水性能を解説。

配信

ウオッチライフニュース

ダイバーズウオッチと防水時計は用途が違う!?

 時計誌の人気ジャンルとしてよく目にするダイバーズウオッチだが、防水性能に関して正確な情報を知っているようで実はよく理解していないという読者も多いのではないだろうか。そこで今回はビギナー目線で、初心者でもわかるダイバーズウオッチの定義と防水性能を解説していこう。  まずは、ATM(アトム)やBAR(バール)などで示されている“気圧”表示と、“m”表示の違いを説明したい。水中では10メートル深度が増すたびに水圧が1気圧増えていく。そのため10ATMまたは10BARと、100m防水はほぼ同等と思っている人も多いが、実は正確にはこの二つは異なる。“気圧”による防水表示は、あくまでも静止状態で耐え得る気圧を示しているだけで、水中で動かした場合の防水耐性ではないのだ。  一方で“m”表示の場合、100m防水はそのまま100mまでの耐性と長時間の水中で使える防水性を備えているということになる。JIS(日本工業規格)では、この“気圧”表示と、“m”表示の違いをベースに、日常生活での使用を想定した“防水時計”と、実際にスクーバダイビングなどで使用することを想定した“ダイバーズウオッチ”の2種類にカテゴリー分けしていることも覚えておくと時計を選ぶ際に安心だ。  これはあくまでもJIS(日本工業規格)基準。ISO(国際標準化機構)では、すべて“m”表示で統一されており、日本では“気圧”表示が適用される防水時計を“Water Resistant (ウォーターレジスタント)”、潜水用時計は“Divers(ダイバーズ) ”と分けて表記している。

》ダイバーズウオッチ(潜水時計)の基準をチェック

 ちなみに、一説によれば水道の蛇口から出る水の水圧は家庭の蛇口をひねった時の水圧は約1.5~5気圧とされており、勢いよく水を出した場合はさらに圧力は高まる。日常生活用防水(2~3気圧)程度では心もとないため、水を気にせずにデイリーユースで使用したいならば、最低でも水上スポーツでの使用を想定した日常生活強化防水(10~20気圧)、安全性にこだわるならばダイバーズウオッチにカテゴライズされている空気潜水時計(100~200m防水)を選ぶ方が良いだろう。

【関連記事】