Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

京阪神のエリート列車、JR西「新快速」疾走50年

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
東洋経済オンライン

 通勤・通学の日常利用から観光まで、京阪神の移動に欠かせないJR西日本の「新快速」が10月1日に運行開始50周年を迎える。「私鉄王国」の関西において、圧倒的な俊足ながら特別料金が不要という利便性を武器に、同社の京阪神エリア在来線を代表するエリート列車として気を吐いている。 【写真】複々線区間を快走する「225系」。223系とともに新快速の運用を担う  ■最高時速130kmの俊足  新快速の英語表記は「Special Rapid Service」。東は北陸本線の敦賀駅(福井県敦賀市)から、西は播州赤穂駅(兵庫県赤穂市)まで275kmの幅広いエリアをカバーする。東海道・山陽本線を最高時速130kmで快走。京都―大阪間(42.8km)を28分、大阪―三ノ宮間(30.6km)を21分で結ぶ。

 日本一長い複々線区間の草津―西明石間のうち、京都以西では基本的に特急と同じ線路を走る。京阪神間の「方向別複々線」は途中駅で快速・普通と同一ホームで対面乗り換えができる利点がある。  日中は15分ごとの運行で、とくに大阪駅と京都駅では、上り・下りとも毎時0分、15分、30分、45分に設定されている。わかりやすいダイヤと所要時間の短さは、関西弁で「いらち」(せっかち)と呼ばれる大阪人にもぴったりの移動手段と言えそうだ。

 新快速は1970年10月1日、国鉄大阪鉄道管理局(当時)が京都―西明石駅間に投入した。  1970年と言えば3月から9月まで大阪北部の千里丘陵で万国博覧会(大阪万博)が開催された、関西にとって節目となる年でもある。当初は万博輸送のために増強された「113系」車両を有効活用する形で登場。1日6往復で、新大阪駅は通過駅だった。  1972年には山陽新幹線が岡山まで開業したことで余剰となった急行形の「153系」が充てられ、その車体色から「ブルーライナー」の愛称がついた。1970年代には阪和線に新快速が走っていたこともある。

 現在の新快速らしさが表れてくるのが、1980年に登場した専用車両の「117系」だ。愛称は「シティライナー」。153系のような背もたれが直角のボックスシートでなく、進行方向に座席の向きを変えられる転換クロスシートで快適性を向上させた。つり革がなく、照明のカバーや木目調の化粧板と、近郊形電車らしからぬ高級感ある車内からは、ライバルの私鉄への対抗意識がうかがえた。最近では新たな長距離列車「WEST EXPRESS(ウエストエクスプレス)銀河」に改造されて再び注目を集めている。

【関連記事】