Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コンタベイトがマルティッチとのシード対決を制して決勝進出 [テニス]

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
テニスマガジンONLINE

 WTAツアー公式戦の「31°パレルモ女子オープン」(WTAインターナショナル/イタリア・パレルモ/8月3~9日/賞金総額22万5000ドル/クレーコート)の女子シングルス準決勝が行われ、第4シードのアネット・コンタベイト(エストニア)とフィオナ・フェロ(フランス)が決勝に駒を進めた。 31°パレルモ女子オープン|PHOTOアルバム  コンタベイトが第1シードのペトラ・マルティッチ(クロアチア)を6-2 6-4で下し、フェロは地元選手で唯一勝ち残ったカミラ・ジョルジ(イタリア)に2-6 6-2 7-5で競り勝った。  決勝で対戦する両者のジュニア時代からの対戦成績は2勝0敗でコンタベイトがリードしているが、ツアーレベルでは初顔合わせとなる。初対戦だった2013年7月のウインブルドン・ジュニア(イギリス・ロンドン/グラスコート)の2回戦は6-1 6-1で、2016年10月のポワティエ(ITF10万ドル/室内ハードコート)の2回戦では7-5 6-7(6) 6-2で、いずれもコンタベイトが勝っている。  今回のパレルモ女子オープンは新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックに強いられた5ヵ月の休止に続く、男女合わせてツアーレベルの公式戦再開を記念する大会となった。  1500人収容のスタジアムコートには人数を制限されているが観客が入ることを許可しており、ソーシャルディスタンスの措置に従わなくてならない。またプレーヤーにも自分のタオルは自分で扱う、対戦相手と握手しない、ファンにサインしたり一緒に写真撮影したりといったファンサービスは行わない等の厳格なルールが課せられている。(テニスマガジン)

【関連記事】