Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

廃止してほしい「日本の伝統行事」「年中行事」は? アンケートの結果は…

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TOKYO FM+

声優としても活躍中の鈴村健一(月~木曜)と俳優の山崎樹範(金曜)、フリーアナウンサーのハードキャッスル エリザベスがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。10月14日(水)の放送では、TOKYO FMの新音声サービス「AuDee(オーディー)」と連動したアンケート「AuDee JUDGE」を実施しました。この日のテーマは「“日本の伝統行事・年中行事で廃止してほしいのは?」。その結果は……?

Q.日本の伝統行事・年中行事で廃止してほしいのは?

・お歳暮・お中元・お年賀・暑中お見舞い……29% ・ハロウィン……22% ・年賀状……16% ・バレンタイン・ホワイトデー……13% ・お年玉……4% ・成人式……4% ・クリスマス……1% ・七五三……0% ・節分……0% ・ひな祭り……0% ・その他……11% 番組には、たくさんのメッセージが届きました。この記事では、その一部を紹介します。

◆内祝い

お祝いを渡すとき、内祝いをもらうことを考えながら贈るのがちょっと……。なので、「内祝いはいらないからね!」と伝えて渡します。“内祝いを渡す側”だったときは、とくに産後の内祝いがつらかった……。

◆お中元・お歳暮

結婚して最初の頃は、お互いの実家に贈っていましたが、「本当にいらないから大丈夫」と強く言われてからは贈っていません。でも、子どもの頃は、お中元やお歳暮が届いてカルピスやジュースが入っていると超うれしかったな~!

◆学校の奉仕作業

個人的にはなくなってほしいけど、なくなってはいけないものは“学校の奉仕作業”(草むしりなど)だと思います。自分たちの中学校では、毎年9月に奉仕作業(草むしりなど)がおこなわれます。すごく面倒くさくて、やる気も出ないのですが、その数週間後に体育祭がおこなわれるため、「体育祭のためだぞ!」と言われると、やらざるを得ません。なかには奉仕作業に参加しない人もいますが、他の人が参加しているのに自分が参加しないのは、さすがに罪悪感があるのでやっていますが……。 一方、こんなメッセージも届きました。 年賀状のやり取りはなくなってほしくないです。毎年、年賀状を7枚だけ出しています。すべて違う絵柄をデザインして、相手のことを思い浮かべながら、“いつもありがとう”“今年もよろしくね”いう気持ちで年賀状を書く時間がとても好きです。年賀状のやり取りは、ずっと続けたいです。 このメッセージにエリザベスは、「私も一緒です! 書くのが好きで、毎年楽しみながら出しています」とコメント。 鈴村は、「年賀状ってそういうものであるべきだし、本来はそういうものだったはず。世の中の雰囲気が、本当に挨拶をしたい人だけに送るような流れになればいいんですけどね」とコメントしました。 (TOKYO FM「ONE MORNING」10月14日(水)放送より)

【関連記事】