Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

里見香奈女流名人が西山朋佳女流王座への挑戦権獲得 全冠分け合う女流四冠と女流三冠が再び激突

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
スポーツ報知

 将棋の第10期女流王座戦挑戦者決定戦が14日、東京都渋谷区の将棋会館で行われ、里見香奈女流名人(28)=清麗、女流王位、倉敷藤花=が先手の135手で伊藤沙恵女流三段(26)に勝ち、西山朋佳女流王座(25)=女王、女流王将、奨励会三段=への挑戦権を獲得した。  全7タイトルを分け合う女流四冠対女流三冠の決戦が再び実現することになった。局後の里見は「挑戦できることはホッとしていますし、また西山さんと対戦できるということで、しっかり調整して挑みたいと思います」と抱負を述べた。  両者は2019年度のマイナビ女子オープン、女流王座戦、女流王将戦で対戦したが、西山が全て制している。里見としては負けられない再戦になる。  5番勝負は10月28日に開幕する。

報知新聞社

【関連記事】