Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

酒造好適米「夢の香」田植え 飯坂温泉地酒をつくる会

配信

福島民報

 福島市の飯坂温泉地酒をつくる会は二十日、市内飯坂町東湯野の水田で「純米吟醸 摺上川」の醸造に使う仕込み用米の田植えを行った。  東日本大震災後の県内農業の復興と温泉街の振興、地域活性化を目的に実施し、今年で四回目。  例年、農業・観光関係者や外国人を招いていたが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため自粛した。安斎忠作会長はじめ会員九人が田植え機を使い、約六十アールの水田に酒造好適米「夢の香」を植えた。  九月中旬ごろ収穫し、市内の金水晶酒造店で醸造する。十二月下旬ごろから「純米吟醸 摺上川」として販売する予定。

【関連記事】