Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「胃ろうだけはやらせたくない」 在宅介護をするライターの背中を押した経験――在宅で妻を介護するということ(第4回)

配信

デイリー新潮

 延命のための胃ろうはやりたくない。やらせたくない。最近はそういう意思を示す人も増えているという。  妻を在宅で介護することを決めたフリーライターの平尾俊郎さんも、その一人だった。しかし、実際に胃ろうを回避するのはことのほか大変だった――。68歳夫による62歳妻の在宅介護レポート、第4回である。  *** 【わが家の状況】  夫婦2人、賃貸マンションに暮らす。夫68歳、妻62歳(要介護5)。千葉県千葉市在住。子どもなし。夫は売れないフリーライターで、終日家にいることが多い。利用中の介護サービス/訪問診療(月1回)、訪問看護(週1回)、訪問リハビリ(週2回)、訪問入浴(週2回)。在宅介護を始めて1年半になる。

病院でだけは死にたくない

 契約社員として働いていた情報出版社を辞め、フリーランスのライターになって40年近く経った。フリーライターといっても、サスペンスドラマによく登場しては犯人のアリバイ崩しに奔走し、知り過ぎて殺されたりするそんなかっこいいライターではない。つねに安全なところに身を置き、稼ぎが少ないときは朝刊を配達したりコンビニで短時間働いたりする末端のライターなのだが、それでもよくぞここまでやってこれたと思う。  五十路を超えてから今日まで介護業界の機関誌制作に携わってきた関係で、特養(特別養護老人ホーム)などの介護保険施設、大学教授など医療・介護の専門家、あるいは高齢者問題に取り組むNPO法人など、たくさんの取材機会を得た。「専門分野は医療・介護」などと言えるレベルにはないが、一般のライターよりは多少詳しいと思う。  そうして考えてみると、一般男性なら尻込みしかねない妻の在宅での介護を、さほどの抵抗なく、どちらかといえば自分から手を挙げるかたちで始めることになったことも理解できる。「終末期医療」や「看取り」をテーマにお話を伺ったことが何度もあり、その中で在宅介護に抱いていた偏見のようなものが薄れ、わりと身近に感じるようになっていった。  影響を受けた本に、『病院で死ぬということ』(山崎章郎著/1990年、主婦の友社)がある。まだがんの告知すらタブーとされた時代、病名も知らされないまま過酷な延命医療の中死んでいったがん末期患者の実態を、一人の病院勤務の医師が告発し医療現場に大きな波紋を起こした。  その中に描かれていた病院での末期患者の実情や、医師と患者の間にある終末期の考え方の大きなギャップに、私はショックを受けた。山崎先生はその後、小平市に緩和ケアのクリニックを立ち上げ、在宅医療・在宅ホスピスを実践していくのだが、私は“最期は家で、家族に囲まれながら尊厳ある死を迎える”という考え方に痛く共感し、在宅志向をより強くしていった。

【関連記事】